介護

みんなの介護へ執筆 祖母の徘徊体験から考える愛知県の認知症鉄道事故問題

投稿日:

「祖母の徘徊体験から考える愛知県の認知症鉄道事故問題」をみんなの介護へ執筆しました。

下記URLを是非ご覧ください。

https://www.minnanokaigo.com/news/kaigo-text/home-care/no83/

 

f:id:torata_t:20181001234004j:image

 ※ 下記の記事は以前書いたものを微修正しました。

「祖母の徘徊にデイサービス職員、マンション大騒ぎ」

祖母がいつもお世話になっているお泊りデイサービスの50代位の男性職員さんが

「ちょっときて、ちょっときて」と言うので下に降りました。

すると、「誰か助けて、私この人にいじめられているんです」と大声で叫ぶ祖母の姿。

不思議そうにみつめるマンションの中年女性3人組。

また情緒不安定で徘徊すると思い、そのまま帰宅させず一緒に散歩させようと決意しました。

それまでに何度も徘徊を体験し付き添い(

祖母が徘徊する理由は・・・「私はここにおっていいんかいな」 (1/1)| 介護ポストセブン

認知症の祖母の「徘徊」に口出しせず付き添ってみたら… (1/2)| 介護ポストセブン

)で慣れてきた、人間って不思議。

私が「ばあちゃんそなへん少し歩こか」、祖母も待ってましたかのように「あの人(デイサービスの50代位の男性職員)がね、小学校に行かせてくれないからね、怒ったのよ、喧嘩したの。行くわよ小学校」と言ってきたのです。

「じゃあ一緒に行こか」と近くのお店まで散歩することになりました。

約10分歩き、近所のお店でコーヒー1杯を一緒に飲みながら、帰ると言うと思ったが甘くはなく・・・。

祖母は「ちょっと、小学校でね、盆踊りがあるらしいんだけどね電話してくれる?何時に行くか、いつ行くか?」と気になる様子。

私は「小学校の盆踊りは明日ですか?明後日ですか?、ああ明後日の9時からわかりました」と小学校職員のなりすましをしました。

私の対応でなんとかおさまるかと思いきや、祖母は「少し変わってくれるかな?」と言ってきた。

まさかの展開に困惑し、私は咄嗟に思いついた104番(番号案内)に電話をしました。

「番号案内オペレーターVS祖母VS私」

「あのー盆踊りの方ですか?何時からでしょう?」と祖母がオペレーターに聞きました。

オペレーターは「お客様どちらへおかけでしょうか?番号案内です」と。

祖母は認知症が最近進行し、バナナと化粧品の区別すらつかない状態。

このまま終わるかと思いきや「すいません、どちらさまですか?ここはなんという番号ですか?番号案内?」と言ってきたのです。

私は再び祖母から電話を変わり、小学校の職員になりすまし、「あー明日の9時からですよね、よろしくお願いします」と言って切電。

小声で事情を説明するとオペレーターの方は「そのようなご事情で。わざわざありがとうございます」と丁寧に対応してくれました。

祖母はしばらくすると精神的に落ち着いてきたのか電話で対応してくれ満足した様子。

「明日の昼頃一回みにいってみようね、さあ帰ってご飯食べよ、腹へった」と私に言ってきました。

その後ゆっくり歩いて帰りながら、帰宅の途についたのです。

「認知症なりすましダイヤル導入検討を」

 警視庁のまとめによると、2017年に認知症かその疑いで行方不明になり警察に届出件数は前年より431人多い1万5863人と5年連続で1万人を超え過去最多。

今後も増加の一途をたどる予想だ。

祖母の今日のような出来事に悩んでいる人も少なくないだろう。

私は認知症の徘徊対策の一つとして、「認知症徘徊なりすましダイヤル」を提案します。

祖母の徘徊は半年程前からあり、だんだん慣れてきたが初心者や性格的に芝居ができない人もいると思うのです。

その為に一本電話番号があれば随分助かるのではと。

被介護者と介護者と介護施設が少しでも楽になれるでしょう。

 

 

-介護

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

読売新聞より園児死亡記者会見で泣き崩れる若松園長

大津の園児死亡事故で園長に容赦ないマスコミ,そのエネルギーを飯塚へ向けろ

滋賀県の大津市の交差点で乗用車と軽乗用車が衝突し、保育園児13人と女性保育士3人の列につっこんだ。 2歳児の2人が死亡、1人が意識不明の重体、他園児の男女8人が負傷、女児2人、保育士3人が軽傷。 2人 …

祖母と一緒に中居さんの番組を視聴するシーン

中居正広ジャニーズから独立を認知症祖母に話してみた結果

昨日夕方に祖母が入院中の精神科病院へ面会に行ってきました。   私は、祖母の元に週1回程度面会へ行くのですが機嫌がいいか悪いか最初会った時でだいたいわかります。   祖母がデイルー …

介護専門誌日総研認知症ケア第5回連載

新型コロナで家族が介護現場に教えてほしいこと(介護専門誌日総研認知症ケア連載) 

こんばんは、ほんまやで~新聞編集長奥村シンゴです。 介護専門誌日総研さんの『認知症ケア2020年夏号』が発売になりました。 介護専門誌認知症ケア2020年夏号表紙 今回の特集は『地震・台風・ゲリラ豪雨 …

芳賀さん

看護師歴十数年の私が便利な身体拘束グッズを紹介

 看護師歴10数年兼医療ライターで活躍中の芳賀天平 (ツイッターアカウント @JTojb3mWjyAwcwW )さんのご投稿です。病気や老後に不安がある方や宇宙一の愛娘の育児中につき育児情報を発信中。 …

みんなの介護 絵

家族が倒れた時に必要な手続きを介護経験者がアドバイス

こんばんは、ほんまやで~新聞編集長の奥村シンゴです。 介護WEBメディアNo.1みんなの介護に「「家族が倒れたときに必要な注意点」と訪問看護の重要性について」講師でアドバイスさせていただきました。 簡 …

ホンマルラジオ出演

関西出身。株式会社CSK(HP制作会社)やCSKマーケティング(放送・通信業)を経て、30歳過ぎから母親がガン・脳梗塞等で認知症祖母シングル在宅介護6年経験。2019年1月祖母は、認知症進行で精神科病院へ入院後2020年11月療養病院へ転院。緊急対応や週1回面会。2017年頃からフリーライター、メディア評論家、時折テレビの仕事など幅広く活動。日総研認知症ケアやみんなの介護は連載3年目の他デイリースポーツ・ヤフー等多数掲載。2020年、メディア出演や12月 『おばあちゃんは、ぼくが介護します』(株式会社法研)を出版。ツイッター @torata_t Youtube ほんやまで新聞Youtubeチャンネル – YouTube

 

2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031