介護

夜間にオムツ交替が必要な理由

投稿日:

最近スーパーや薬局に行くと「朝まで安心」と書いたオムツが売られている。

私は現在要介護485歳になる祖母の認知症在宅介護を要支援1から5年間経験し、なぜ夜間にオムツ交換が必要なのか。

■オムツ外しは防ぎようがない

まず夜間に限ってトイレにオムツを置いてしまう「オムツ外し」という現象が起きる。

祖母が担当のケアーマネージャー歴17年の方に相談すると「お風呂の入っていない日とか少し尿が横に出てしまった場合など不快感を覚え外してしまうケースはよく聞きます。何か対策があればアドバイスできるのですが・・・」と言われた。

祖母の場合もケアーマネージャーの言う通り要介護3ぐらいの時から発現するようになり、現在は頻繁に外すようになった。

オムツ外しをした日をノートし統計をとると風呂に入っていない日やショートステイから帰宅した日に比較的多いことがわかった。

それでは外してしまうと再度つけてしまえばいいだけではと思う方もいるかもしれないがそう簡単に事は進まない。

なぜなら、いくら尿の吸水量を多く吸いとってくれても外してしまうということは本人が不快感を示した証拠で外したオムツをつけようとすると祖母は「新しいの出して」と強い抵抗を示すのでやむなく交替することが多い。

認知症が進行して私の名前は忘れることが増えているのにオムツへの不快感は忘れることがほとんどないのが厄介なところだ。

■夜間のオムツ交替時間だけで1時間発生

また、私の祖母の場合就寝時間が概ね1930分位と早いのと排尿量が多かったり、部屋にオムツを置いてしまうことがあり、吸水量多めのオムツでも030分頃にはいっぱいになっている。要介護4になり1年程で夜間にオムツ交替を強く抵抗することが増えてきた。

ケアーマネージャーや訪問看護士や医者の話を総合すると「進行したり年齢を重ねるとオムツを替える意味がわからなくなってしまったりデイサービスやショートステイなどの疲労度も増したりすることなど複合的な要素が考えられる」という見解だった。

実際に私が「ばあちゃんオムツ替えるで」と祖母に言うと「なんで?あんた何しに来たの、さっきいなかったでしょ」と強い抵抗と幻視の反応が続くことが多い。

しばらく様子をみて数十分おきに同じ事を言いようやくオムツ交替に応じる。

オムツ交替だけで夜間長い時で1時間程かかってしまうこともしばしばある。

ヘルパーを呼ぶという手段もあるが、介護保険の点数の減少や夜間はヘルパーの数が少ないことはさることながら発生する時間帯がバラバラなのが依頼がしづらい一番の理由である。

以上の理由が夜間でもマンパワーが必要な理由である。

介護する側もされる側双方共に「朝まで安心」と言える日が一日も早く来ることを願ってやまない。

 

 

 

-介護

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

認知症祖母に誕生日プレゼントを渡して起きた一瞬の奇跡とは?

先日、祖母が入院中の面会先で奇跡が起きました。 祖母が88歳の誕生日を迎え、私がプレゼントを持っていった時のこと。 以下祖母との会話 私「ばあちゃん、今日誕生日ですよ」 祖母「あ、そうか」 誕生日の意 …

30歳過ぎから6年在宅介護した祖母が身体抑制、心境を吐露

私は30歳過ぎから約6年間、認知症の祖母をほとんど1人で在宅介護していました。 認知症が急進行した祖母は、一度は介護老人保健施設(老健)に入りましたが、「認知症による粗暴行為でほかの利用者に迷惑をかけ …

芳賀さん

看護師歴十数年の私が便利な身体拘束グッズを紹介

 看護師歴10数年兼医療ライターで活躍中の芳賀天平 (ツイッターアカウント @JTojb3mWjyAwcwW )さんのご投稿です。病気や老後に不安がある方や宇宙一の愛娘の育児中につき育児情報を発信中。 …

介護施設を嫌がる祖母が進んで行った3つの理由を介護経験者がアドバイス

祖母が利用していたお泊まりデイサービスは、一軒の家がそのまま事業所となっていました。 けっして広いとはいえず一般的なショートステイに比べると、施設体制も十分とはいえません。 ショートステイはお泊まりデ …

祖母の車椅子を押す

ヤングケアラー問題の3つの解決法を当事者が激白

ヤングケアラーとは、10代~30代位までの親、兄弟、親以外(祖母、祖父など)を介護している人たちの総称。 最近、18歳未満をヤングケアラーと呼ぶと専門家やメディアが伝えていますが、誤解です。 厚生労働 …

ホンマルラジオ出演

関西出身。株式会社CSK(HP制作会社)やCSKマーケティング(放送・通信業)を経て、30歳過ぎから母親がガン・脳梗塞等で認知症祖母シングル在宅介護6年経験。2019年1月祖母は、認知症進行で精神科病院へ入院後2020年11月療養病院へ転院。緊急対応や週1回面会。2017年頃からフリーライター、メディア評論家、時折テレビの仕事など幅広く活動。日総研認知症ケアやみんなの介護は連載3年目の他デイリースポーツ・ヤフー等多数掲載。2020年、メディア出演や12月 『おばあちゃんは、ぼくが介護します』(株式会社法研)を出版。ツイッター @torata_t Youtube ほんやまで新聞Youtubeチャンネル – YouTube

 

2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031