介護

小室哲哉さんとの思わぬ出会い

投稿日:

小室さんが不倫騒動のけじめとして引退を決意し、衝撃が走った一日。

私は不意な事から小室さんに出会い、ツイッターをフォローしていただき、ごくたまにやり取りをさせてもらっている。

小室さんという人間性と私は86歳の祖母を在宅介護し6年目が経過する者として両面から考察した。

小室哲哉さんとの思わぬ出会い

小室さんの詐欺事件で執行猶予判決を下した杉田宗久裁判官が病気で急逝した事を知らせた。

私は一時期裁判傍聴にはまり、職場も近く平日に休みがあった事もあり杉田裁判官の裁判は幾度となく傍聴した。

実際何度かお話もさせていただいたこともある。

ハッキリと時にユーモアを交えながら、分かりやすい裁判で大変人気が高い裁判官だった。

当時小室さんの事件は実刑判決が予想されていたが、全額弁済したことに杉田裁判官は執行猶予の判決をつけたことは話題になった。

その杉田裁判官の事を知らせると小室さんは「知らなかった、大変ショックだな。あの人には本当に感謝しているよ。知らせてくれてありがとう。フォローするねニッコリ」というおちゃめな連絡が来て私のツイッターをフォローバックしていただいた。

私のような凡人にも気軽に接してくれる優しく寛大な人だなと感心した。

その後、小室さんとたまにやり取りをさせていただいている。

例えば「ヘイヘイヘイ」が一夜限りで復活し、H Jungle with tの「 WOW WAR TONIGHT」を聴いた後に私は「長年のステージにこもった思いがみれ感動しました。

またダウンタウンさんに曲を提供してほしいです」と送ると小室さんは「音楽で感動したいよね」と返信がきた。

「音楽で感動させたい」と言う思いが人一倍強い人であるからこそ大ヒットを連発させるプロデューサーになりあがったのだろう。

 

f:id:torata_t:20180119224237j:image

「答えがないのが介護」

今回の小室さんの不倫騒動、そして引退という決断にネットや世間の反応をみていると「介護の問題を考えないといけない」、「小室さんは介護や自身の体調を言い訳にしてる」、「KEIKOさんの事を思うと・・・」、「引退して解決しようと思ったら大間違い」などと批判的な意見が散見する。

 私は正直「介護は当事者にしかわからない問題が沢山ある。ましてや第三者に介護の事情などわかるわけがない。KEIKOさんは後遺症で物事の理解がしづらい状況であるけれどもそれでもKEIKOさんの心の中をのぞかないと答えはわからない」と思う。

なぜなら、86歳の認知症の祖母を主に在宅で看て6年が経過し、祖母は時折「私のような人がたくさんいる施設(老人ホーム)に行きたいなあ」、「もう死んでも後悔ないよ」などと言ってくる時があると思うと「あんたは話もしやすいし優しいしいつも助かっているよ」などと言う時もありいまだに答えなんてわからないからだ。

KEIKOさんは高次脳機能障害で認知症ではないが、理解面では似ていると思うので、小室さんもKEIKOさんも今も答えを探しているのかもしれない。

いずれにしろ第三者に介護事情などとても理解できないことなので、「どうか黙って静観して小室さんとKEIKOさんの回復を見守ってくれ」と切に願うばかりだ。

 

 

-介護

執筆者:


  1. zuriteba より:

    はてなスターありがとうございました。今後の不安も少なくありませんがコツコツやっていきたいと思います。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

志村けんといかりや長介の仲は介護ができない親子に似ていると思う理由

『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)に志村けんさんがゲストで登場。 志村さんが幼い頃からドリフターズで『8時だよ全員集合』に見習いとして抜擢され活躍する様子。 『オレたちひょうきん族』(フ …

no image

夜間にオムツ交替が必要な理由

最近スーパーや薬局に行くと「朝まで安心」と書いたオムツが売られている。 私は現在要介護4の85歳になる祖母の認知症在宅介護を要支援1から5年間経験し、なぜ夜間にオムツ交換が必要なのか。 ■オムツ外しは …

社会福祉法人かるべの郷福祉会

「人生は人間力競争」仕事、会社、郷、すべて愛する施設長の話

兵庫県養父市にある高齢者福祉施設・障害者福祉施設の「かるべの郷」さま&楽しく熱く仕事をする、カッコイイ大人を増やす☆インビジョン(株)のコラボ企画!今回、かるべの郷の立ち上げをされてきた施設長の藤森さ …

原稿投稿者とPR紹介したい企業や人を大募集

ほんまやで~新聞編集長の奥村シンゴです。  私は、関西出身で放送・通信関係のコールセンターで地上波、CATV、ネット配信、固定電話、携帯電話サービスの営業や顧客対応を約8年経験。 その後、私 …

2月20・21日大阪で認知症移動支援ボランティア育成講座開催

2月20日~21日に『認知症移動支援ボランティア活動講座』が大阪市内の天満橋にあるドーンセンターで開催されます。 認知症移動支援ボランティア活動講座パンフレット 「認知症移動支援ボランティア」は、公益 …

ホンマルラジオ出演

関西出身。株式会社CSK(HP制作会社)やCSKマーケティング(放送・通信業)を経て、30歳過ぎから母親がガン・脳梗塞等で認知症祖母シングル在宅介護6年経験。2019年1月祖母は、認知症進行で精神科病院へ入院後2020年11月療養病院へ転院。緊急対応や週1回面会。2017年頃からフリーライター、メディア評論家、時折テレビの仕事など幅広く活動。日総研認知症ケアやみんなの介護は連載3年目の他デイリースポーツ・ヤフー等多数掲載。2020年、メディア出演や12月 『おばあちゃんは、ぼくが介護します』(株式会社法研)を出版。ツイッター @torata_t Youtube ほんやまで新聞Youtubeチャンネル – YouTube

 

2021年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031