ライター奥村シンゴの介護、メディア、社会を語る

祖母介護7年目、元放送局通信メディアコールセンター出身の奥村が介護、メディア、社会問題中心に独自取材、考察。

介護

在宅介護6年間で実感 春は特に介護きついなと思う理由

投稿日:

祖母の在宅介護が6年目に突入し、振り返ると「春」や「秋」の季節の分かれ目で夜間の荒天時は正直介護きついと思うことがしばしばある。
主治医は、気圧、気温、気候の変化が激しいからだと言う。
ぜんそくもちや自律神経失調症の人など同様の意見を聞く時があるがお年寄りも敏感である。
私の祖母は、長年間質性肺炎もちというのもあると思うが、急に咳がひどくなる時がある。

咳がひどくなると、水分補給や口内にたまったたんを出させたり、咳により尿が少しずつ出てオムツを気色悪がり、オムツ交代が増える。

また、祖母は認知症でトイレの便器と逆を向いて尿や便をする傾向が夜間は頻繁な為、トイレに行く度に様子をみにいく回数も増え、多い時は一晩10回近くあることも珍しくない。

寝ては起こされ、起こされは寝ての繰り返しと常に神経がはりつめた状態で過ごすのは、心身共大変にこたえる。

こういう悩みを打ち明けると「じゃあ施設預ければいいやん」と言う人がいるが、私は施設に預けるという選択肢は今のところ考えていない。

介護を長くやればやるほどこういう心境に陥るって自分でも不思議に思う時がある。

ネットで検索していると「介護で一番しんどい時」というデータは散見しているが、「介護で一番しんどい季節」をマーケティングやリサーチしている会社はまだないように思う。

需要が少ないのか、気がついていないのか定かではないが、私は一度データをとってみるのも面白いと思う。

きっと私と同じ悩みをもつ人達はたくさんいるだろう。

だから、意外と在宅介護の実態調査につながるのではないだろうか、そのきっかけとでもなってもらえればという思いでブログに書いた。

 

 

 

-介護

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

志村けんといかりや長介の仲は介護ができない親子に似ていると思う理由

『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)に志村けんさんがゲストで登場。 志村さんが幼い頃からドリフターズで『8時だよ全員集合』に見習いとして抜擢され活躍する様子。 『オレたちひょうきん族』(フ …

no image

30代男性が在宅介護に幕を閉じた理由

30歳過ぎから認知症祖母を6年間、4年目から母親(母親は脳梗塞や大腸ガンを患ったことや元々祖母とは相性が悪いため)が参加し、2人で在宅介護をしてきましたが、先日あっけなく幕を閉じ介護老人保健施設(老健 …

no image

大坂なおみから学んだ介護で活かせること

☆もし記事を読んでいただき共感していただいたり、参考になるなど動機は何でもかまいませんので是非ブックマーク、拡散、読者登録していただけると励みになります。 よろしくお願い致します。 大坂なおみが昨年9 …

みんなの介護へ執筆 祖母の徘徊体験から考える愛知県の認知症鉄道事故問題

「祖母の徘徊体験から考える愛知県の認知症鉄道事故問題」をみんなの介護へ執筆しました。 下記URLを是非ご覧ください。 https://www.minnanokaigo.com/news/kaigo-t …

認知症の徘徊対策を介護者がアドバイス

先日、「湯を沸かすほど熱い愛」で日本アカデミー賞など数々の賞を受賞した中野量太監督の最新作「長いお別れ」を鑑賞してきました。認知症を患った父親と見守る家族の10年間を8編で構成した映画です。 「長いお …

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930