金本阪神、今日も負け、伝統の一戦でしかも甲子園で3タテを1年間に2回もくらう屈辱的な敗戦となった。

今期最多タイの借金6、首位広島とのゲーム差は9ゲーム。

首位広島と残り14試合を残しているとはいえ、優勝へ向けデットラインにきた。

今年の金本阪神の失速の要因は「地元甲子園であまりにも弱すぎる」ことではないだろうか。

「甲子園で3タテ喫するの4回目、借金7」

早くも地元甲子園で3タテを喫するのは4回目、通算成績は15勝22敗。

私も阪神を応援し26年目になるが、これだけ甲子園で弱いのは暗黒時代の頃ですら記憶にない。

3タテされた4回を振り返ると、4/20~22の巨人戦、5/29~31のソフトバンク戦、6/22~24の広島戦、そして今回7/16~18の巨人戦。

3タテ4回以外にも6/9以降7/4まで約1ヶ月6試合勝てないこともあった。

「甲子園ですら1試合3点以下、中日以外全チーム借金」

次に甲子園の戦績を月別(7/18現在)にまとめてみた。

4月 C 4-1、4-1、1-5 S 2-3、0-6、8-3  G 2-8、0-3、1-10  9試合

5月 YB7-1、中止、4-2、D 1-5、7-2、7-5 S 2-1、0-5、3-6、G 1-0、5-4、9-1

SB 0-1、3-6、2-5 14試合

6月 B 2-3、中止、2-1 M 中止、3-2、2-3、中止、中止、1-3 B 3-3、C 3-5、3-11、6-11

8試合

7月 D 5-10、6-5 中止、YB 中止、中止、0-1 G 0-4、2-4、3-5 6試合

月別では、4月は9試合で3勝6敗、5月は9勝5敗、6月は2勝6敗4中止、7月は1勝5敗3中止だった。

 カード別では、広島2勝4敗、巨人3勝6敗、横浜3勝3敗1分1中止、ヤクルト2勝4敗、

中日3勝2敗、ソフトバック0勝3敗、オリックス1勝1敗1分1中止、ロッテ1勝2敗1分2中止となっている。

 得失点では、得点が109、失点が155で1試合平均にすると全37試合で得点は2.9点、失点は4.1点である。

このデータからみると、なんと甲子園で15勝22敗と借金7を喫してしまっており、5月を除いて負けが混んでいる。

得点も3点以下と寂しく、ペナントレースでも指摘されている攻撃力の弱さがそのまま露呈された格好といえるだろう。

また、カード別でみても最下位中日に3勝2敗と貯金1をしている以外後の全チームは甲子園ですら全て引き分けか借金という結果になっている。

「過去5年で本拠地で貯金10以下のチームに優勝なし」

阪神優勝に甲子園で貯金10以上が絶対条件なワケ – 30歳過ぎから認知症祖母在宅介護6年目ライター奥村シンゴの戯言

でも書いたが、過去5年間のデータでいうと本拠地で貯金10を残せていないチームは1チームも優勝していない。

 ちなみに過去の阪神の例でいうと、昨年は41勝29敗2分で2位で優勝した2003年は50勝20敗、2005年は42勝26敗と甲子園(一部地方・京セラ開催含む)で圧倒的な強さをみせていた。

高額年俸者である鳥谷・藤浪・西岡の不振、金本監督以下首脳陣が3年間散々起用してきた高山・中谷・大山・江越・俊介など金本チルドレンの伸び悩み、ロサリオ・マテオ・ドリスなど助っ人外国人の不調、上本・糸井など主力選手の故障など計算外の連続。

また、最近の首脳陣の采配や継投にも疑問を感じるシーンも少なくなく、ファンからも厳しい指摘が相次いでいる。

「甲子園で常勝軍団になるチーム作り急務」

まずは甲子園で勝てるチーム作りをすることが大事で、攻撃より守備や走塁に力を入れて得点がとれないなら、今からでも失点を防ぐチーム作りに転換してはいかがだろう。

緊急補強したナバーロは現在活躍しているが、浜風が強い甲子園でなぜ右打者で守備が上手い選手を補強しなかったのか謎である。

また、球場でみていても、ベンチは盗塁やエンドランはほぼ敢行せず選手任せ。

阪神の若手野手は、簡単にボールを後ろに逸らす、落下点やゴロ捕球をあやまる、本塁へのクロスプレーで送球がそれるなどプロとは思えない初歩的なミスが今年は目立つ。

阪神が優勝した2003年、2005年の矢野・赤星・藤本・今岡の守備力が抜群に高く、センターラインが鉄壁で、金本・赤星・桧山の外野は安心してみれたものだ。

残り試合も半分をきったが、まだ広島とは14試合を残し、ゲーム差も9。

今からでも遅くない守備と走塁を少しでも強化し、1失点でも防ぐ野球に徹して、大逆転優勝を目指してほしい。

 がんばれ阪神タイガース!!!

f:id:torata_t:20180718224919j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Name
Email
Website