メディア

「新しい地図」の人気を数字で証明

投稿日:

kai-you.net

ブログ記事が今話題、人気WEBメディア「KAI-YOU」に掲載されました。

SMAP稲垣吾郎草なぎ剛香取慎吾による「新しい地図」。2017年9月22日の立ち上げから1年を経て、3人の新たな地図が与えた影響を、彼らのレギュラー番組やSNSを通じて得た数字を中心に客観的に振り返った。

72時間テレビ効果でWAU、MAUは急上昇

稲垣・草なぎ・香取が、AbemaTV(サイバーエージェントとテレビ朝日が共同出資して開局されたインターネットテレビ局)で月1回放送しているレギュラー番組「7.2 新しい別の窓」、そのきっかけとなった「72時間ホンネテレビ」。

両番組の放送によって、AbemaTVには大きな効果がもたらされている。

サイバーエージェントの2018年度第3四半期の決算資料によると、「72時間ホンネテレビ」配信直後の2017年11月、WAU(1週間あたりの利用者数)とMAU(1か月あたりの利用者数)が急激に増加した。

サイバーエージェントの2018年度第3四半期の決算資料

サイバーエージェントの2018年度第3四半期の決算資料より

まず、WAUは直前1年間で増減を繰り返しながら500万人前後で推移していたが、11月頃に729万人と大幅に増加。その後も増減を繰り返してはいるものの、アベレージとして600万人前後で推移している。

MAUは「72時間ホンネテレビ」が配信される直前6か月は900万人前後で推移。それが配信後に1117万人へと急増。WAU同様、以降は1000万人~1100万人台を維持するようになった。

もちろん、必ずしもすべてが「新しい地図」の3人による数値ではなく、WAUやMAUは不確定要素も多い。とはいえ「72時間ホンネテレビ」や「7.2 新しい別の窓」は、AbemaTVだけでなくネット配信番組にも大きな影響を与えたと言えるだろう。

AbemaTV内でトップの人気をキープ「7.2 新しい別の窓」

続いては、AbemaTVが毎月番組の視聴データをもとに発表している人気番組ランキングを振り返る。ここでも3人が2018年4月からスタートしたレギュラー番組「7.2 新しい別の窓」が、多くの月で1位を記録している。

5月は1位「将棋船江恒平六段 対 藤井総太六段、亀田興毅vsパンサクレック」、2位「史上初!禁断の判定ナシKOマッチ」、3位「悪質タックル問題日大前監督とコーチが会見」に続き4位。9月は1位「安室奈美恵伝説のライブ映像が復活 WE♡NAMIE FINALアンコールLIVE」と2位「太陽とオオカミくんには騙されない❤」に続き3位。

しかし、その他の月ではAbemaTV内の全体ランキングで1位と、安定した人気を維持している。

「7.2 新しい別の窓」の順位の推移(月/順位)
2018年4月:1位
2018年5月:4位
2018年6月:1位
2018年7月:1位
2018年8月:1位
2018年9月:3位
2018年10月:1位(10月8日時点)

年間リツイート数推移からみる根強い人気と2年目の課題

次に「新しい地図」の立ち上げと同時に開設されたSNSへの反応をみていきたい。稲垣・草なぎ・香取という個人とは別に、「新しい地図」の公式Twitter(@atarashiichizu)のリツイート数の推移を「Tweet Activity Chart」で分析した。

参考:リツイート回数(年別)
2017年(9月22日~12月31日):197845回
2018年(1月~10月8日2時時点):651589回

リツイート回数月別ベスト5(月/回数)
1位 2017年12月:144814回
2位 2018年3月:120868回
3位 2018年2月:88220回
4位 2018年4月:72141回
5位 2018年1月:70686回

リツイート回数ベスト5をみると、2017年12月から2018年4月までに上位が集中しており、ここ5か月ほどはSNSの拡散はややトーンダウン気味だ(ツイートの頻度やその情報にもよるので一概には言えないが)。

リツイートされた投稿内容ベスト3(ツイート日/内容)
1位 2018年1月30日:7.2時間テレビレギュラー決定
2位 2018年3月4日:パラスポーツ応援チャリティーソング「雨あがりのステップ」発表!
3位 2018年9月22日:新しい地図から1年

一方、リツイートされた投稿内容をみると3位に1周年のツイートがランクイン。

立ち上げから1年を経て、いまもなお根強い人気があると同時に、2年目をどのように盛り上げていくのかは課題の1つだろう。

Tweet Activity Chartによる分析結果のスクリーンショット

Tweet Activity Chartによる分析結果のスクリーンショット

CM156%増、個展に主演舞台、アニメ出演など続々

オリコンが報じた「CM出演する商品が軒並み好調、スマノミクスに代わる“地図ノミクス”効果とは?」によると、稲垣と香取が2018年2月からイメージキャラクターをつとめたサントリー「オールフリー」は、前年同月比156%の販売数量を記録。

5月には3人で「ロト&ナンバーズ」、香取は高級外車「BMW」のTVCMに出演。8月からは草なぎと香取が「スカルプD」のCM、香取は「ファミリーマート」のCMもスタートしている。

さらに香取は、スタイリストの祐真朋樹とともに、東京・帝国ホテルプラザにアパレルショップをオープン、9月にアーティストとしてルーブル美術館で個展を開催した。

草なぎは10月公開のアニメ映画『ムタフカズ』に声優として出演しているほか、稲垣は3人の中で唯一の地上波番組「ゴロウ・デラックス」でMCをつとめている。そして3人とも今後、舞台の公演が控えている。

 

1周年を迎えた9月22日、「新しい地図」のYouTubeチャンネルで公開された映像には、立ち上げ時のどこか緊張感漂う3人が登場して、それぞれが「新しい地図を描いていきたい」と口にしている。

2年目もどんな地図を描いてくれのるか、期待したい。

-メディア

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

年収300万で子持ち以外は対象外?現金の一律給付見直しでツイッター上でデマが広がる

24日、新型コロナウイルスに対する緊急経済対策で検討中の現金給付について、全国民に一律に配る方式を見送る見通しと共同通信などが報じた。引用元 共同通信 https://headlines.yahoo. …

水曜日のダウンタウンより

水ダウの藤井健太郎がコロナウイルスにかかりにいく不謹慎ツイートに批判殺到、意見書提出も?

『水曜日のダウンタウン』の演出を手がける藤井健太郎氏のツイートがネット上で批判が殺到している。  筆者は、政府や日本国民らが必死に未知のウイルスと戦っている最中、あまりにリテラシーにかけ人命 …

朝日新聞取材、新型コロナ国難時に誤報続き、マスク高値販売に反省の色なし

新型コロナウイルスの感染拡大で政府が7日、緊急事態宣言を発表した。  厚生労働省によれば日本の感染者数は6005人、死者は98名(4月11日正午現在)に達している。  このような国 …

no image

若者のテレビ離れは嘘

安室奈美恵が「世界の果てまでイっテQ」(日本テレビ系)に出演し、「ワンナイR&R」 (フジテレビ系)以来12年ぶりに民放パラエティ出演が実現し、平均視聴率は21.5%、瞬間最高視聴率24.9%、ツイッ …

原稿投稿者とPR紹介したい企業や人を大募集

ほんまやで~新聞編集長の奥村シンゴです。  私は、関西出身で放送・通信関係のコールセンターで地上波、CATV、ネット配信、固定電話、携帯電話サービスの営業や顧客対応を約8年経験。 その後、私 …

ホンマルラジオ出演

関西出身。株式会社CSK(HP制作会社)やCSKマーケティング(放送・通信業)を経て、30歳過ぎから母親がガン・脳梗塞等で認知症祖母シングル在宅介護6年経験。2019年1月祖母は、認知症進行で精神科病院へ入院後2020年11月療養病院へ転院。緊急対応や週1回面会。2017年頃からフリーライター、メディア評論家、時折テレビの仕事など幅広く活動。日総研認知症ケアやみんなの介護は連載3年目の他デイリースポーツ・ヤフー等多数掲載。2020年、メディア出演や12月 『おばあちゃんは、ぼくが介護します』(株式会社法研)を出版。ツイッター @torata_t Youtube ほんやまで新聞Youtubeチャンネル – YouTube

 

2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031