未分類

「阪神淡路大震災のドラマ中に震源地で地震、その時被災者の筆者は・・・

投稿日:

agora-web.jp

上記、アゴラに転載していただきました、是非ご覧下さい。

昨日、阪神・淡路大震災で大きな被害をうけたJR六甲道駅を復興させた男たちの関西テレビ60周年特別ドキュメンタリードラマ『BRIDGE』が放送された。

このドラマは震災で線路ごと崩落するなど壊滅的な被害にあったJR六甲道駅を当初2年かかると言われていたが、わずか74日間で復旧させた男たちの壮絶な復旧工事と人々の関わり合い方を描いたドラマ。

椎名平、吉田羊、高倉昭、野村周平、ユースケ・サンタマリア、桂文枝らが演じた。

「ドラマ中の出来事にドキッとした、震災がくるか心配などの声」

そのドラマの放送終了間際に阪神・淡路大震災の震源地である淡路島で震度2の地震が発生するという出来事が起きた。

しかも六甲道駅が完成するシーンの直後だった。

筆者は、「震災のこと忘れんといてやという天からのメッセージや、拡散されることで地震を少しでも風化させずにすむかもしれん」と思い、筆者は急いでドラマ中に地震が起きたシーンをスクリーンショットし、Twitterにアップした。

すると、250以上のリツイートと500近いいいねをされいまだに数字は増え続けている。

筆者のTwitterには、《震えた。開通シーンのあとまさかの淡路島洲本で地震》、《被災経験者ですが、ドキッとしました。また震災がくるのではと心配です》、《阪神淡路と同じ震源地、神様が何か伝えている》などと筆者の元に開通シーン直後に地震が起き驚いた人や再び震災がくるのではないかと心配の声が寄せられた。

「被災経験者が若者へ伝える事の意義」

筆者は震災当時阪神地域に在住し、震度7の激震にあった。

電気は約1週間、水道は2週間、ガスは3ヵ月復旧を要したり、近くのスーパーが倒壊し食料の確保に困るなど被害に。

特に水道が復旧するまでの2週間は、尿や便が便器にいっぱいになるたびに外に捨てに行き、外の水をくんで自宅へ戻ってきて便器の中に入れる繰り返しが苦痛だった。

2人、女3人の5人で生活していたため、いっぱいになるペースが早い。

街中が異臭に包まれ、近所の人たちと「はよ、水道復旧してほしいな、せやけど贅沢は言われへん、もっと辛い思いしてはる人たちは仰山おるんやからな」と言うのが合言葉だった。

2週間後、水道が再開した時、近所で拍手と歓声が飛び交ったのは今でも記憶している。

筆者の家族は被害にはあったものの、全員無事だった。

母親は7年前に脳梗塞や3年前に大腸ガン、祖母が7年前に認知症を発症。母親は快方したものの、祖母は認知症が進行し在宅介護で6年間みたが限界で昨年11月末施設へ入所した。

とはいうものの、全員生きているだけでもありがたい。

震災の話は1.17の日ぐらいでそれ以外口にすることはほとんどなくなり、ライフライン、公共交通機関、食糧、住居など不自由な生活を送ったことを忘れてはしまっているのは筆者だけではないはずだ。

この間、近所の22歳の大学生と話す機会があった。

筆者「阪神大震災って知ってる?」

大学生「テレビでみたり、学校で少し勉強したことあるぐらいですねえ、確かこの辺りでも被害が大きかったんですよねえ」

筆者「ああ、そうか。若いから知らんねんな、あの道路あるやろ震災の時にヒビが入ってな、今もそのままやねんで」

大学生「へえ、傷跡ってまだ残ってるんすねえ」

震災から24年ということは1020代位の人たちは震災の後に生まれたか生まれても小学校ぐらいまでの年齢で被災地域の若者ですらほとんど記憶にない。

だから、被災経験者と若者が対話できる場がもっと増えることが望ましい。

今回ドラマ中に地震が発生したのは、きっと天から「震災のこと忘れんといてや、伝えていってや頼むで」ということを改めて被災経験者も教えられたのではないだろうか。

震災を風化させず後世にどのように伝えていくか、我々に与えられた使命は大きい。

 

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

今年の阪神は甲子園で弱い

金本阪神、今日も負け、伝統の一戦でしかも甲子園で3タテを1年間に2回もくらう屈辱的な敗戦となった。 今期最多タイの借金6、首位広島とのゲーム差は9ゲーム。 首位広島と残り14試合を残しているとはいえ、 …

no image

関西の大雨からみる被害の特徴

情報が氾濫しているので、取り急ぎ、7/6(金)21時30分現在の関西での大雨の被害をまとめました。 阪神地区や京都で400ミリ超と観測史上最大を記録しました。 京都市で約24万人に、大阪府では箕面市や …

NHK受信料追加値下げ報道も人件費、制作費下げろとネット上で非難をうける裏事情

高市総務大臣がNHKに受信料の追加値下げを求める意見書をまとめ、電波監理審議会で承認された。 総務相の意見書では、「6%相当の還元にとどまらず、受信料の在り方について不断に検討する必要がある」と指摘し …

no image

豊洲市場労働問題を取材

agora-web.jp 上記 アゴラに今回のブログ内容を転載していただきました。 豊洲市場がオープンし、13日から一般客も見学が可能になり、観光客などで大混雑が予想される。 先日、83年の歴史に幕を …

no image

ももクロ有安卒業発表後の反応

人気女性アイドルグループの『ももいろクローバーZ』ももかこと有安杏果さん電撃卒業発表に驚いた。 僕はももかやももクロの特別なファンではないが、ももクロ5人のパフォーマンスが好きだったので大変残念ではあ …

ホンマルラジオ出演

関西出身。株式会社CSK(HP制作会社)やCSKマーケティング(放送・通信業)を経て、30歳過ぎから母親がガン・脳梗塞等で認知症祖母シングル在宅介護6年経験。2019年1月祖母は、認知症進行で精神科病院へ入院後2020年11月療養病院へ転院。緊急対応や週1回面会。2017年頃からフリーライター、メディア評論家、時折テレビの仕事など幅広く活動。日総研認知症ケアやみんなの介護は連載3年目の他デイリースポーツ・ヤフー等多数掲載。2020年、メディア出演や12月 『おばあちゃんは、ぼくが介護します』(株式会社法研)を出版。ツイッター @torata_t Youtube ほんやまで新聞Youtubeチャンネル – YouTube

 

2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031