重度認知症の祖母が名前を覚えていた?面会の重要性がわかる2つの思い出

介護

こんばんは、ほんまやで~新聞編集長の奥村シンゴです。

介護メディアNo.1の『みんなの介護』さんに第201回の連載が掲載されましたので、ご案内します。

筆者は約6年間、認知症の祖母をほぼ1人で在宅介護していました。そんな祖母は、2019年の1月に精神科病院へ入院後、2020年11月に療養型病院へ転院。筆者は祖母が入院中のときも週1回の面会へ行き(現在は新型コロナの影響で禁止中)、急病時においては病院へ付き添い、カンファレンス対応や費用の管理などもしています。

しかし祖母の認知症は進行し、今では食事や入浴、着衣・着脱に至るすべての日常生活において全介助が必要に。要介護度は4から5に上がってしまいました。

このころになると、祖母は何を話しているのか、よくわからなくなるときがありました。しかし、そんな状況の中でも祖母とはたまに、「奇跡的に」会話が通じるときがあります。今回は筆者と祖母と奇跡のエピソードも交えて、「オンラインを含む面会の重要性」をお話ししたいと思います。
本日、緊急事態宣言が10都道府県で延長されましたが、医療・介護従事者の皆様、前向きに検討をお願い致します。

スポンサーリンク

「久しぶりに再会した祖母が筆者の名前を覚えていた!?」

前述した通り、祖母は2020年11月に精神科病院から療養型病院へ転院したのですが、その際、筆者が入退院の手続きで付き添うことになりました。当時も新型コロナの影響で病院の面会は禁止されていたので、筆者は祖母と1ヵ月ぶりの再会です。転院先の療養型病院の看護師が「少しだけの時間になりますが、おばあさまに何か仰りたいことがあればお話ください」と時間をくれました。

筆者は、祖母に「ばあちゃん元気か?俺のことを覚えてるか?」と聞くと、祖母は「ありゃま、あんた、どなたさん?お兄さん?」と返してきました。筆者は祖母に「シンゴやで、覚えてる?シンゴ」と聞くと、祖母は「あ、そうですか。ご苦労さんでした」と以前よりか細く、弱い声で返事。筆者は「祖母が完全に自身のことを忘れており、元気がなくなってきている」と感じました。

続きは、介護メディアNo.1サイトの『みんなの介護』でご覧ください。

8030孫介護問題を介護者と医療・介護従事者双方の視点から書いた著書『おばあちゃんは、ぼくが介護します。』(株式会社法研)発売中。書店1位、読売新聞・介護専門誌日総研認知症ケア・テレビ他で紹介。

ツイッター @torata_t 、Youtube (2) ほんやまで新聞Youtubeチャンネル – YouTube  Facebook 奥村シンゴで検索

コメント

タイトルとURLをコピーしました