ライター奥村シンゴの介護、メディア、社会を語る

祖母介護7年目、元放送局通信メディアコールセンター出身の奥村が介護、メディア、社会問題中心に独自取材、考察。

介護

在宅介護の現状と費用を30歳から認知症祖母介護6年経験者が暴露

投稿日:

こんにちは。6年間にわたって祖母の在宅介護をしている、フリーライターの奥村シンゴです。

今回は、「親族の介護にかかるお金は誰が払えば良いのか」と「私が祖母の介護費用をどうしていたのか」について、体験談をもとにお話させていただきます。読者の方も、参考にしていただけたらと思います。

こんにちは。6年間にわたって祖母の在宅介護をしている、フリーライターの奥村シンゴです。

今回は、「親族の介護にかかるお金は誰が払えば良いのか」と「私が祖母の介護費用をどうしていたのか」について、体験談をもとにお話させていただきます。読者の方も、参考にしていただけたらと思います。


突然母と祖母のダブル在宅介護に追われることに

まず、家族構成についてお話させていただきます。私の祖母は祖父と離別しており、兄弟とは疎遠。祖母の娘である母も父とは離別しており、兄弟はいません。私には弟と妹がいますが、2人とも結婚しています。

ある日、祖母が認知症と診断されたのと同時期に母親が脳梗塞で倒れ、突然ダブル介護が必要となりました。しかし、私は事前に、家族と介護にかかるお金について、まったく話し合いをしていませんでした。

というのも、祖母は20歳から電話局で40年間も勤務した後、嘱託(しょくたく)職員として10年程勤務していました。つまり、支給される年金額は女性の平均より上ではないかと思っていたのです。


また、私は祖母に誰よりも面倒をみてもらっていたので、恩返しとして私が金銭的な面倒もみたいという思いがありました。

しかし、我が家には祖母の借金が350万ほどあり、毎月分割で返済しないといけない状況…。家族と介護費用について、話し合いの場をもつことになったのです。


本人が元気なうちに介護費用について話し合うこと

続きはhttps://www.minnanokaigo.com/news/kaigo-text/home-care/no100/

をクリック。

-介護

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

終戦記念日に伝えたい認知症祖母の戦争の記憶の恐怖、カーテンを閉めての意味とは?

私は昨年11月末まで一人暮らしをしていた数年間を除き、祖母と同居していた。一人暮らしからほぼ同居するきっかけになったのが母親が脳梗塞で倒れ、祖母が直前に認知症を患い誰かが介護をする必要があった。祖母は …

no image

30代男在宅介護者からみた万引き家族

万引き家族を鑑賞してきた。 30代少しで認知症祖母の在宅介護経験し、6年目の私は「犯罪を犯してでも家族の愛や絆の形は色々あっていい」というようなこの映画の描き方の強烈な違和感と「なんでこんな映画がカン …

認知症祖母と散歩

今日は世界アルツハイマーデー、認知症介護でお願いしたい3つのことを30代孫介護経験者が語る

今日、9月21日は国際アルツハイマー病協会(ADI)と世界保健機関(WHO)が共同で「世界アルツハイマーデー」、9月全体を「世界アルツハイマー月間」と制定しています。 全国各地で認知症への正しい理解や …

在宅介護の限界 親子が不仲の場合どうする?介護経験者がアドバイス 介護アクセスサイトNo.1「みんなの介護」執筆

不仲な家族の介護を頑張っている方、将来的にどうするかを悩んでいる方は少なくないと思います。 どんなに家族と不仲であっても、歳を重ねていけば、在宅介護を検討するときが訪れる可能性がありますよね。 そんな …

no image

30代男性が在宅介護に幕を閉じた理由

30歳過ぎから認知症祖母を6年間、4年目から母親(母親は脳梗塞や大腸ガンを患ったことや元々祖母とは相性が悪いため)が参加し、2人で在宅介護をしてきましたが、先日あっけなく幕を閉じ介護老人保健施設(老健 …

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031