介護

高齢者の方がおむつを外してしまう原因と解決法 みんなの介護【メディア掲載】

投稿日:

こんばんは、ほんまやで~新聞編集長の奥村シンゴです。

私は約6年間、認知症の祖母をほぼ1人で在宅介護していました。今回はその介護経験の中から、「高齢者の方がおむつを外してしまう原因と解決法」がやまもといちろうさん、コータリさん、倉田真由美さんら著名な方々が寄稿されているサイトの『みんなの介護』さんに掲載されました。その一部をご紹介しますので、オムツ外しに困る皆様へヒントになれば幸いです。

「高齢者がおむつを外す原因と解決法①介護職員の方々に説得してもらいおむつを履いてもらう」

少しずつ認知症が進行し、尿や便をしている感覚がわからなくなる祖母を見て、筆者はおむつやパッドをするよう勧めました。ところが、祖母は「なんでこんなのせなあかんの。私をバカにせんといて」と激怒。祖母は、自分の中では「しっかり排泄ができている」と思っていましたし、プライドが人一倍強かったのでおむつやパッドをなかなかしようとしません。

困ったので、私はケアマネージャーや主治医に相談しました。そして少しずつおむつ外しの回数が減っていったのです。詳しくは、下記をご覧ください。

在宅介護でのおむつ外しを防ぐ方法。替える時間やパッドの使い方を見直す|介護の教科書|みんなの介護 (minnanokaigo.com)

「高齢者がおむつを外す原因と解決法②おむつ替えの時間を変えてみる」

ある冬の夜間のことです。在宅介護をしていたころ、祖母がくしゃみを繰り返しました。筆者が「ばあちゃん、寒いん?」と聞くと、祖母が「なんかね、下のほうがスース―してね」と答えたのです。見てみると、おむつやパッドもせず寝ていることに気がつきました。私がトイレへ向かうと、便器におむつとパッドが置いてありました。次にベッドを確認すると、祖母が寝ているベッドの周辺がびしょ濡れに…。

筆者が「ばあちゃん、ベッドびしょびしょやん。服を着替えるで」と言っても、祖母は「あんたは何で意地悪するの?私が何かしたのかいなシンゴくん」と何食わぬ顔。このような夜間から早朝のドタバタ劇は度々繰り返されました。トイレへ行く度に祖母がおむつ外しをしていないかと、神経がはりつめて夜も寝むれたものではありません。

ケアマネジャーや訪問看護士から見解をいただき、少しずつおむつ外しの回数が減っていきました。

ある冬の夜間のことです。在宅介護をしていたころ、祖母がくしゃみを繰り返しました。筆者が「ばあちゃん、寒いん?」と聞くと、祖母が「なんかね、下のほうがスース―してね」と答えたのです。見てみると、おむつやパッドもせず寝ていることに気がつきました。私がトイレへ向かうと、便器におむつとパッドが置いてありました。次にベッドを確認すると、祖母が寝ているベッドの周辺がびしょ濡れに…。

筆者が「ばあちゃん、ベッドびしょびしょやん。服を着替えるで」と言っても、祖母は「あんたは何で意地悪するの?私が何かしたのかいなシンゴくん」と何食わぬ顔。このような夜間から早朝のドタバタ劇は度々繰り返されました。トイレへ行く度に祖母がおむつ外しをしていないかと、神経がはりつめて夜も寝むれたものではありません。

在宅介護でのおむつ外しを防ぐ方法。替える時間やパッドの使い方を見直す|介護の教科書|みんなの介護 (minnanokaigo.com)

「高齢者がおむつを外す原因と解決法③パッドの2枚重ねがおむつ外しの原因に

私は、おむつ外しの回数をさらに減らせないかケアマネジャーに聞いてみました。そうすると、ケアマネージャーがくれたアドバイスとは

在宅介護でのおむつ外しを防ぐ方法。替える時間やパッドの使い方を見直す|介護の教科書|みんなの介護 (minnanokaigo.com)

高齢者の方がおむつを外す回数が増えれば、横漏れする可能性が高くなります。その結果、介護者の負担が増大し在宅介護をするのが難しくなるでしょう。

こうした介護の実体験からコロナ対策まで得たノウハウをまとめた書籍『おばあちゃんは、ぼくが介護します。』(株式会社法研)を昨年12月9日に出版しました。読売新聞はじめ複数のメディアで紹介、書店で1位を獲得など好評発売中です。

読売新聞全国版掲載

介護中の方をはじめ、介護従事者・看護師・ヤングケアラー・一般のサラリーマンまで幅広く「今までの専門書と違った役立つ面がある」などお声をいただいております。ぜひ書店またはネットでお買い求めください。

-介護
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

新成人の皆さん、ヤングケアラーの存在を知り備えて!当事者が激白

1月13日は成人の日。 20歳を迎えられた皆様、おめでとうございます。 総務省統計局によると、今年は122万人の新成人が誕生し前年と比較すると3万人の減少。男女別では、男性が63万人、女性が59万人と …

no image

インフルエンザを6年予防できた元病院勤務の彼女からの助言

インフルエンザが今年も流行の時期に入ったようで全国の学校では学級閉鎖のニュースが相次いで聞かれるようになった。 私は、元病院勤務の彼女と知り合い6年目。 仕事や介護で夜中3時寝、6時起きのような大変不 …

認知症祖母と散歩

コロナで介護施設拒否、老人ホーム紹介センターを一考に

新型コロナウイルスが介護施設や病院で発生し、利用者や利用者家族が他の施を探さないといけないケースが相次いでいます。  厚生労働省の調査では、高齢者が自宅から施設に行く通所介護(デイサービス) …

芳賀天平さんのご家族

入院して認知症が進み、寝たきりになって亡くなった祖父の話

看護師歴10数年兼医療ライターで活躍中の芳賀天平 (ツイッターアカウント @JTojb3mWjyAwcwW )さんのご投稿です。病気や老後に不安がある方や宇宙一の愛娘の育児中につき育児情報を発信中。n …

面会120回超の筆者がコロナ禍のオンライン面会増加方法を提案 日総研認知症ケア連載

読者の皆様、こんばんは。介護、テレビ、社会問題担当フリーライター、メディア評論家などで活動中の奥村シンゴです。 介護専門誌の日総研認知症ケア さんの連載が発売開始されましたので、お知らせします。 日総 …

ホンマルラジオ出演

関西出身。株式会社CSK(HP制作会社)やCSKマーケティング(放送・通信業)を経て、30歳過ぎから母親がガン・脳梗塞等で認知症祖母シングル在宅介護6年経験。2019年1月祖母は、認知症進行で精神科病院へ入院後2020年11月療養病院へ転院。緊急対応や週1回面会。2017年頃からフリーライター、メディア評論家、時折テレビの仕事など幅広く活動。日総研認知症ケアやみんなの介護は連載3年目の他デイリースポーツ・ヤフー等多数掲載。2020年、メディア出演や12月 『おばあちゃんは、ぼくが介護します』(株式会社法研)を出版。ツイッター @torata_t Youtube ほんやまで新聞Youtubeチャンネル – YouTube

 

2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031