3人のシングル介護者に懲役18年は社会が介護を理解不足、体験者が語る

介護

福井県敦賀市の自宅で介護していた夫と義理の両親の3人を殺害したとして、殺人罪に問われた岸本政子被告(72)の裁判員裁判で、福井地裁は5日、懲役18年(求刑・懲役20年)の判決を言い渡した。河村宜信裁判長は「3人の尊い命を奪った結果は重大だが、介護疲れがきっかけで、多分に同情の余地がある」と述べた。

 判決によると、岸本被告は介護を苦に3人を殺害して自殺しようと考え、2019年11月17日未明、自宅で義母の志のぶさん(当時95歳)、義父の芳雄さん(同93歳)、夫の太喜雄さん(同70歳)の首をタオルで絞め、窒息死させた。

 岸本被告は16年頃から3人の介護を一人で担い、事件の約半年前に強いストレスで心身に不調を来す「適応障害」を発症した。

 判決は、捜査段階の精神鑑定結果を踏まえ、将来への不安や被告のまじめな性格が犯行に作用しており、適応障害の影響は限定的だったと判断し、完全責任能力を認めた。

 その上で「被告は献身的な介護を続けたが、対処能力を超えて追い込まれた。明朗な性格で人並み以上に重い負担を抱えていた」などと指摘。こうした経緯を被告に有利に考慮すべきだとして「過去の3人殺害の事件より明らかに軽い量刑が相当だ」とした。

読売新聞 夫と義父母3人殺害、一人で介護の妻に懲役18年判決…「対処能力超え追い込まれた」 2021年1月5日より抜粋

上記の事件をうけて、30歳過ぎから認知症祖母在宅介護6年を経験した編集長奥村シンゴの見解を↓にアップしました。高いいね、チャンネル登録著書購入ぜひお願いします。 

3人のシングル介護者に懲役18年は社会が在宅介護を理解していない証 体験者が語る
3人のシングル介護者に懲役18年は社会が在宅介護を理解していない証 体験者が語る

コメント

タイトルとURLをコピーしました