介護

30歳過ぎから6年在宅介護した祖母が身体抑制、心境を吐露

投稿日:

私は30歳過ぎから約6年間、認知症の祖母をほとんど1人で在宅介護していました。

認知症が急進行した祖母は、一度は介護老人保健施設(老健)に入りましたが、「認知症による粗暴行為でほかの利用者に迷惑をかける」という理由で退所。

そして現在は、今年1月中旬から精神科病院の急性期病棟に入院中です。

精神科病院に入院した祖母は、転倒防止のために腰ベルトを装着し、身体拘束を受けています。

今回は「認知症の方の身体拘束」について、身体拘束を受けている本人の家族の視点からお話ししていこうと思います。

「身体拘束の現状と問題点」

まず、全国でどれくらいの方が身体拘束を受けているのかをみていきましょう。

厚生労働省によると、2017年度に身体拘束を受けたのは1万2,000人強となっており、そしてその6割が高齢者となっています。

1年間にこれだけの方が身体拘束を受けていると聞いて、驚かれた読者の方も多いのではないでしょうか。

この数は10年間で1.8倍、隔離は1.6倍に増えており、身体拘束が増加傾向にある実態がうかがえます。

身体拘束が問題視されている理由は、大きく分けて4つあります。

「身体機能が低下すること」「精神的な苦痛を与えること」「介護職員や家族の意欲が低下すること」「介護保険や施設、老後への不安が増加すること」です。

これらに加えて、生活の質の向上や、尊厳の保持などを求める社会的な背景もあり、「身体拘束」は抑止される動きが高まっているのです。

ただ、身体拘束をすべてなくす、というのも難しいのが現状です。

ここからは、私の祖母の事例を参考に、現場で起こっていることをお話しします。

「身体拘束の同意書にはサインせざるを得ない」

私の祖母が精神病院に入院した初日、転倒防止などの観点から、身体拘束に同意するようにサインを求められました。

私は動揺を隠せず、「え?身体拘束って、体の全部を縛られて部屋に閉じこめられるんですか?」と聞きました。

すると、主治医が「転倒防止のために腰ベルトをつける以外は、ほかの患者の方々と同じくデイルームで過ごしてもらう予定です」と告げられました。

考えてみると、祖母は在宅で介護していた頃から、無暗に車椅子から立ち上がろうとしたり、部屋を歩き回ったりして、よく転倒しそうになっていました。

安全性を考えると仕方がないとはいえ、やはり家族が身体拘束を受けるとなると、誰だって戸惑います。

他の病院を探そうかとも思いましたが、その病院は私たちが住んでいる場所から片道1時間、交通機関を使うと往復の交通費1,000円以上もかかる距離。それでも一番近い病院だったのです。

大切な家族である祖母が身体拘束を受けることに対して、かなりの抵抗がありましたが、精神科病院の方針に従わざるを得ませんでした。

大阪や東京などの大都市は別としても、郊外や田舎では、重度の認知症の方を受け入れられる施設がまだまだ少ない印象です。

このように、病院は患者さんの安全面に配慮しなければなりませんし、家族はいざ身体拘束の同意書を目の前にすると、サインせざるを得ないのです。

命を守るため…でも見守る家族はつらい」

祖母が精神科病院に入院してから今日に至るまで、先ほども述べたとおり、車椅子から離れて転倒しないための腰ベルトが装着されています。

祖母は認知症で言葉が話せるわけではありませんが、面会へ行くと祖母が腰ベルト付近を指さし、不快そうな表情をするときがあります。

また、祖母が尿路結石と急性腎盂炎で入院手術を受け、精神科病院で2週間点滴が必要になったことがありました。

その際、祖母は点滴のチューブを抜いたり、皮膚をかきむしったりしないように、手や指を抑えるミトン型の手袋をつけられました。

祖母は「こんなのダメだよ、こんなのダメだよ」とベッドで暴れながら、手袋を懸命に外そうとします。

そんな祖母の苦しい姿を見ると、私はやはり「ベルトや手袋を外してあげたい、在宅介護のときのように一緒にコンビニへ行って、好きなものを食べさせてあげたい」と思いました。

それでも、腰ベルトがあるから転倒せずに済み、手袋があるから点滴で栄養や薬を行き渡らせることができることは、私も頭ではわかっています。

だからこそ、祖母の命を守るための最善策と心に言い聞かせていますが、当然ながら心中は複雑です。

身体拘束を最小限にする取り組み」

続きは https://www.minnanokaigo.com/news/kaigo-text/home-care/no115/ をご覧ください。

-介護

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

祖母の車椅子を押す

ヤングケアラー問題の3つの解決法を当事者が激白

ヤングケアラーとは、10代~30代位までの親、兄弟、親以外(祖母、祖父など)を介護している人たちの総称。 最近、18歳未満をヤングケアラーと呼ぶと専門家やメディアが伝えていますが、誤解です。 厚生労働 …

no image

認知症介護5年経験し知った予防薬の効果と弊害

Contents1 認知症介護しはじめて知った認知症予防薬の存在2 認知症予防薬の効果と弊害 認知症介護しはじめて知った認知症予防薬の存在 認知症の祖母を在宅介護し、6年目に入りました。 認知症の治療 …

イチローの引退会見で多くの介護者が勇気づけられたと思う理由

イチロー選手の引退会見をみていて、認知症の祖母を在宅介護していた者として印象に残ったコメントがありました。 ある記者が「以前孤独と戦いながらプレーしていると言っていましたが今は同じ孤独か?違った孤独か …

日総研認知症ケア連載2年目

デイサービス9割など介護崩壊危機、国と介護者の対策を孫介護2190日の筆者が考察

介護崩壊の危機が予想以上に早く迫っている印象をもった。  現在909の介護サービス事業所が休業中の他NHKによると、「全国介護事業者連盟」は今月12日までの1週間、1800余りの介護事業所に …

祖母と一緒に中居さんの番組を視聴するシーン

中居正広ジャニーズから独立を認知症祖母に話してみた結果

昨日夕方に祖母が入院中の精神科病院へ面会に行ってきました。   私は、祖母の元に週1回程度面会へ行くのですが機嫌がいいか悪いか最初会った時でだいたいわかります。   祖母がデイルー …

ホンマルラジオ出演

関西出身。株式会社CSK(HP制作会社)やCSKマーケティング(放送・通信業)を経て、30歳過ぎから母親がガン・脳梗塞等で認知症祖母シングル在宅介護6年経験。2019年1月祖母は、認知症進行で精神科病院へ入院後2020年11月療養病院へ転院。緊急対応や週1回面会。2017年頃からフリーライター、メディア評論家、時折テレビの仕事など幅広く活動。日総研認知症ケアやみんなの介護は連載3年目の他デイリースポーツ・ヤフー等多数掲載。2020年、メディア出演や12月 『おばあちゃんは、ぼくが介護します』(株式会社法研)を出版。ツイッター @torata_t Youtube ほんやまで新聞Youtubeチャンネル – YouTube

 

2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031