火. 9月 17th, 2019

B面のようなA面新聞

介護、テレビ等メディア、社会、タイガースの世間では取り上げられないけれども重要な事象を取材、考察。

在宅介護の限界 親子が不仲の場合どうする?介護経験者がアドバイス 介護アクセスサイトNo.1「みんなの介護」執筆

1 min read

不仲な家族の介護を頑張っている方、将来的にどうするかを悩んでいる方は少なくないと思います。

どんなに家族と不仲であっても、歳を重ねていけば、在宅介護を検討するときが訪れる可能性がありますよね。

そんなとき、在宅介護をするべきか、施設に預けるべきかで葛藤をする方も少なくないでしょう。

祖母を在宅介護してきた私の意見としては、家族が不仲の場合には、無理をして在宅介護をするよりも、施設に預けた方が良いと思っています。

その理由を、祖母との在宅介護の経験や、母親と祖母の関係性を踏まえてお話ししていきますので、悩んでいる読者の方々は参考にしてみてくださいね。

施設に入居させたくない筆者と、入居させたい母

私は30歳過ぎから6年間、祖母の在宅介護を行いました。

働き盛りだった私が、祖母の介護を引き受けたのには理由があります。

私が小学校入学の頃、母親が離婚しました。そのときに私と私の兄弟(弟と妹)は、施設へ入る予定だったのです。

ところが、私たちが施設に行くのを止めてくれたのが祖母でした。

「施設へ入れるのは反対。一緒に育てるから、引き連れてきなさい」と母に言い、私や私の兄弟のために家を購入。電話局で働きながら育ててくれました。

祖母は誰よりも私を可愛がってくれて、私は大学まで進学させてもらいました。

北海道旅行に行かせてもらったり、プレゼントをもらったり…いつも1番にシンゴくん、シンゴくんと言ってくれました。

そんな祖母が6年前に、認知症を発症し介護が必要になりました。

脳梗塞で倒れたばかりの母、結婚していて家庭のある兄弟。祖母の面倒を看ることができるのは、私ひとりという状態でした。

私は、幼い頃から可愛がってくれていた祖母を施設に入れたくないと思いました。

しかし、一方で母は、祖母を施設へ入れたがっていたのです。

「母と祖母は不仲だった」

母親と祖母は、昔から不仲でした。

母親は生命保険外交員で、収入が不安定だったことから、祖母に「3人の子供がいるのだから、もっと収入が安定した仕事に変わりなさい」と言われていました。

すると母は「拘束される仕事は嫌やもん、体がついていかない」と言い返し、祖母と口論になることも少なくありませんでした。

生命保険外交員という仕事を否定するわけではないのですが、当時の家庭環境を考えてみると、祖母の心配はもっともだと思います。

母は当時と同じように、「私は体が弱い」と言い張り、祖母の介護が必要になってもなかなか協力してくれませんでした。

「母による介護に、祖母は不安を感じていた」

続きは https://www.minnanokaigo.com/news/kaigo-text/home-care/no102/ をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright © All rights reserved. | Newsphere by AF themes.