テレビ メディア

NHK常時同時配信スタートに備え放送内容・地域、使用方法、料金を紹介

NHKは総合テレビ、Eテレの地上波放送をネットで同時配信する「常時同時配信」と1週間いつでも視聴可能な見逃し配信サービス「NHKプラス」を4月1日からスタート。3月1日から試行的に午前7時から0時まで1日17時間配信する。

そこで、「NHKプラス」を視聴するにあたって、登録方法や追加負担で受信料が必要か、見逃し配信サービスは有料か無料か、放送内容や視聴可能地域をまとめてみたので参考にしてもらいたい。

「HPかアプリの登録が必要」

NHKの受信契約が必要で、PCやスマホやiPhoneからNHKプラスのHPにアクセスするか、アプリをダウンロードすれば視聴可能。

NHKプラスのHPやアプリから放送受信契約情報(氏名、住所、電話番号、お客様番号は任意)、メールアドレスを入力。

すると、NHKプラスのHPやアプリからログインID、パスワード、秘密の質問の入力を求められるので、入力。

1つの放送受信契約に対し、発行可能なIDは一つのみ。1つのIDで同時に5画面まで視聴可能。

その後、受信契約の確認がとれ次第、契約住所にハガキが届き、案内に沿って入力画面で確認コードを入力し、利用登録完了となる。

NHK常時同時配信サービス「NHKプラス」登録方法

「新たな受信料負担の必要は不要、ただし見逃し配信は有料」

「NHKプラス」を利用するに当たり、NHKの受信契約者と生計が同一にする人は、新たな受信料の負担はなく利用が可能。

見逃し配信に関して、既存のオンデマンドサービスでは、「見逃し」「特選」の区分があった。

放送から2週間の番組が「見逃し見放題パック」(税込月額990円)、放送から2週間後以降の番組を「特選見放題パック」(税込月額990円)で視聴できるが、これを3月1日から変更。

まるごと見放題パック」(月990円)(税込)への加入が必要で、現在の「見逃し見放題パック」と「特選見放題パック」、両方の番組が視聴可能になる。
配信期間は番組終了から2週間または1年で、延長される場合がある。

例えば、現在は『チコちゃんに叱られる』、『NHKスペシャル』を視聴しようと思うと、「見逃し見放題パック」と「特選見放題パック」両方に加入する必要があったが、不要になり便利かつ安くなる。

NHK常時同時配信サービス「NHKプラス」概要

「ローカル放送は配信対象外」

「NHKプラス」が視聴可能な地域は日本国内で、海外からは利用できない。

「NHKプラス」で視聴可能な番組は前述の通り、毎日午前6時から翌日午前0時まで1日18時間程度の総合テレビとEテレの視聴が可能で南関東地域(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県)を対象とした放送を全国に放送と同時に配信する。

なので、南関東エリア以外に居住の人例えば関西住みの人が「関西のニュースをみみたい」と思っても、南関東地域のニュースが流れることになる。

ニュース以外のバラエティ・音楽・情報番組など南関東エリア以外のローカル放送には非対応となっている。

また、著作権の関係でテレビでは放送可能だが、「NHKプラス」では放送不可能な番組が存在する。

音声は2チャンネル(二か国語、解説放送等)で字幕も配信する。

NHKの常時同時配信が実現するまで長い年月を要したが、ようやく実現することは大変喜ばしい。

なぜなら、おそらく数年後、民放も常時同時配信をスタートすることになるからだ。

国内ではスマホの普及や5GやIOTのイノベーションの発展、海外を見渡せば、常時同時配信などもはや当然のサービス。

視聴者は仕事やプライべートで自宅にいない時、テレビ受像機だけでなく、テレビ放送が同時にネットやスマホで無料視聴できれば便利に決まっている。

民放も早く常時同時配信を開始させ、視聴者のニーズに応じ世界の流れに乗り遅れないようにしてほしい。

詳しくは下記Youtubeチャンネル(高いいね、チャンネル登録大歓迎)で説明しているのでよければ参考にしてほしい。

impress Watch https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200115-00000168-impress-ind

引用元 impress Watch
NHK常時同時配信スタート、民放はどうなる?メディア評論家が解説

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。