孫若者ケアラー8年当事者がもの盗られ妄想の対策をアドバイス みんなの介護掲載

介護

紀伊国屋・ジュンク堂など全国の書店やアマゾンなどネットで発売中の『おばあちゃんは、ぼくが介護します。』(株式会社法研)の著者であり、作家やメディア評論家としても活動中の奥村シンゴです。

2月に読んで良かった本1位獲得

私は30歳過ぎから、認知症の祖母とがんやうつ病、脳梗塞となった母を計8年間介護してきました。昨年の秋ごろから祖母の体調不良が続き、病院へ付き添ったりお見舞いに行く回数が増えています。そんな祖母は昨年の11月に精神科病院から療養型病院へ転院し、「経鼻経管栄養」で様子を見ています。介護経験の中の困りごとから、今回は「もの盗られ妄想」について私の体験談を通して対策を提案させていただきます。

スポンサーリンク

「ケマアネジャーを窃盗犯と勘違いしてしまう」

もの盗られ妄想は、認知症の方が通帳やお金などを介護者が窃盗したと勘違いしてしまう症状です。祖母の認知症は少しずつ進行していったのですが、その過程でお金や通帳を喫茶店や洋服店に忘れたり、家の中に隠すことが増え、筆者が管理することになりました。

祖母のもの盗られ妄想の症状がよく起こったのは、ケアマネジャーをはじめとした、家族以外の第三者が家を訪問したときでした。毎月、ケアマネジャーが介護サービスのプラン作成のために家を訪問し、祖母とコミュニケーションを取ります。その後、祖母はたまに「シンゴくん(筆者の名前)、ちょっときて」と言うのです。筆者が話を促すと、祖母は以下のように言いました。

「楽しい話題を振って妄想から遠ざける」

あるとき、祖母はもの盗られ妄想から「財布や通帳を返して」と執拗に迫ってきたときがあります。そのときは正直イライラし、「ばあちゃんが悪いねん」「次、なくしたらもう探さへんからな」と怒鳴ってしまうことがありました。筆者はそれを反省し、「祖母は意地悪がしたくてこういうことをしてるんじゃない。できるだけ共感をしてみよう」と、気持ちを切り替えることにしてみました。

筆者は祖母に「何か面白そうなテレビ番組はないかな?」「(高齢者施設の連絡帳を見ながら)今日は塗り絵を塗ってきたんやな、どんな絵を描いたか見せて」「おやつを買ってあんねん、一緒に食べようか」などと、とにかく些細なことでも楽しい話題を見つけ、半ば強引に話を振ります。

その後の祖母の反応とは・・・

「介護サービスにヘルプを求めよう」

デイサービス、ショートステイなど、介護サービスを最大限に利用することをお勧めします。 その際、「実は最近、もの盗られ妄想がひどくて、家族がクタクタで精神的にまいっています。少しでも本人にたくさん動いてエネルギーを使ってもらえるとありがたいです」と、施設の職員にヘルプを求めてください。すると、介護者の事情を汲んで認知症の方の介護サービスにおける運動時間の増やしてくれたり、たくさん話をしてくれる施設もあります。

要介護者のもの盗られ妄想が発生した場合、介護者がレスパイト施設などに家族を預け、休憩できる時間を確保できれば余裕をもった対処も可能です。

詳細は、https://www.minnanokaigo.com/news/kaigo-text/home-care/no211/ をご覧下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました