介護

重度認知症の人の感情が生き続けていると思う時

投稿日:

約1年5か月前から認知症の進行で精神科病院に医療保護入院中の祖母。 1か月前、精神科病院から「お祖母様が高熱で血液検査で気になる部分があるので大きい病院を受診して下さい」と告げられた。 

搬送先病院の担当医師は、「尿路感染」と「詳細な血液検査が必要」で入院が必要と診断。 結局、祖母の容体が一進一退を繰り返し、退院まで3週間を要した。

その中で、重度認知症で要介護5の祖母が私にみせた表情や言葉から「感情はいつまでも生き続ける」というエピソードがあったので、紹介したい。 

Youtubeチャンネル開始、動画上高いいね、チャンネル登録大歓迎、介護、テレビ、メディア中心に時事ネタまで独自情報や裏ネタ公開中

「2か月ぶりの再会、5分の面会時間で感じた祖母のメッセージ」 

私は、30歳過ぎから祖母を6年間ほぼ一人で在宅介護し、コロナで面会禁止になるまで毎週精神科病院へ面会。 私は面会で祖母と散歩をしたり、夕食を食べたり、話したり、笑ったりとわずか1時間30分ではあるが、一緒にすごした。 

ところが、新型コロナの流行で3月から面会禁止になり私は祖母に会えずにいて毎日のように「ばあちゃん、どないかな」と心配していた。 現在、新型コロナウイルスの院内感染防止のため多くの病院は面会禁止や制限をしている。 祖母が入院した病院は、5分だけの面会時間が認められたので久々に再会できた。 

祖母は目を開けてはいたがぐったりし、私が「ばあちゃん、元気にしてたか?」と言っても無表情。 

ところが、私が「誰か覚えてくれてるか?」という祖母に話をふると、祖母は「覚えてるよ」と言い、赤ちゃんのようにずっと涙を流し続けた、止まらない。 この涙が「病院から早く退院したい」のか「私に会いたかった、嬉しかった」のかそれとも別のメッセージなのか不明だ。 それでも、祖母の表情は「シンゴに会えてよかった」というようにみえた。 

祖母の脳内が少し起きてきたように思ったので、私は「この病院どうや」と聞いてみた。 すると、祖母は「ちゃっちゃっとやってくれるよ」と答え、私とそばにいた看護士も思わず大爆笑。 

重度の認知症になると、「家族の顔や名前は覚えていない」、「会話のキャッチボールができない」、「言葉が話せない」などの症状が普通だ。 そんな中、祖母は私に「病院に来てくれてありがとう、ちゃんと面倒をみてくれてるよ」と伝えてくれたのかもしれない。 

「退院直後無表情だった祖母が一転し号泣した意味」 

祖母の言動に驚いたのは、それだけではない。 退院直後、病院から精神科病院に移動するまでの間、祖母に話しかけても顔色一つ変えず反応がない。 普段であれば、祖母は笑ったり泣いたり怒ったり何かしら表情をみせるが、「鎮静剤でも打たれたのか?」と不安になるほどだった。 

そして、祖母が精神科病院に到着するやいなや突然ぶわっと涙が噴き出した。 今までは入院したことのない病院で祖母なりに緊張していたのか。 

祖母は、「富山にね、妹がいるの、富山にね妹がいるの」と繰り返すのだ。 実際、祖母は第二次世界大戦中富山で妹と一緒に疎開し、親戚の家で育った。 

祖母の頭は、戦時中にタイムスリップしていたのだろう。 祖母以外にも医療や介護関係者から「突然、軍歌を歌い出す」、「戦争中の家族の話をする」などといった話はたまに聞くことがある。 祖母は今の精神科病院が妹と共に過ごした青春時代に戻った感覚で日々送っているのかもしれない。 

祖母をそうした感情にさせる今の精神科病院は日頃から本当によくケアをしてくれる。 主治医はじめ精神科病院の治療方針が「極力薬を抑えて日中はデイルームで過ごしたり、レクリエーションし人らしい生活を送ってもらう」なのだ。 

祖母が精神科病院に入院し1年5か月の間、処方された薬といえばツムラの抑拡散が1日3回(心身が安定する)と軽い眠剤ぐらいだ。 

今の病院の現状は、夜間から朝方にかけ特に慢性的な人出不足で2人の職員に50人の患者をみていたりする。 なので、病院は粗暴行為などがある患者を仕方なく鎮静剤や強い向精神薬などを使用し寝かしたりせざるおえない。 

祖母の場合、精神科病院は職員にかみついてケガをさせたり、蹴ったり、他の利用者に手を出したりする時があるのに薬をほとんど使用していない。 私は、泣き続ける祖母に「ばあちゃん、やっぱりこの病院が一番好きで落ち着くんやな」と声をかけると、涙が止まった。 

あくまで推測ではあるが、私は祖母の表情や言葉から「入院した病院はよく頑張ってくれた。けどやっぱり精神科病院が一番」と読み取った。 

重度認知症の祖母が発するメッセージを見逃さないように、今後も見守り続けていきたい。

-介護

執筆者:


  1. 小泉京子 より:

    お祖母ちゃんの心にはお祖母ちゃんのしあわせのせかいがあって、
    それは、私たちも、皆同じなのではないかなあとかんじました。
    良い精神科で本当によかった❤
    奥村さん、あなたの優しさは
    多くの人の心を動かすことができそうです!
    ご活躍に期待しています

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

終戦記念日に伝えたい認知症祖母の戦争の記憶の恐怖、カーテンを閉めての意味とは?

私は昨年11月末まで一人暮らしをしていた数年間を除き、祖母と同居していた。一人暮らしからほぼ同居するきっかけになったのが母親が脳梗塞で倒れ、祖母が直前に認知症を患い誰かが介護をする必要があった。祖母は …

祖母と手を握る

新型コロナ時に介護うつ予防法を経験者が語る

私は30歳過ぎから6年間、祖母を在宅介護していました。  在宅介護ののち、昨年(2019年)1月から、祖母は精神病院に入院しました。  入院中の祖母に、私は週1回面会や急病で入院時 …

みんなの介護 絵

家族が倒れた時に必要な手続きを介護経験者がアドバイス

こんばんは、ほんまやで~新聞編集長の奥村シンゴです。 介護WEBメディアNo.1みんなの介護に「「家族が倒れたときに必要な注意点」と訪問看護の重要性について」講師でアドバイスさせていただきました。 簡 …

志村けんといかりや長介の仲は介護ができない親子に似ている

志村けんさんが新型コロナウイルスによる肺炎で70歳という若さで急逝しました。 あまりに突然の死をいまだに受けとめられない人達が多いのではないでしょうか。 私も小さい頃から『8時だよ全員集合』の停電事件 …

no image

小室哲哉さんとの思わぬ出会い

小室さんが不倫騒動のけじめとして引退を決意し、衝撃が走った一日。 私は不意な事から小室さんに出会い、ツイッターをフォローしていただき、ごくたまにやり取りをさせてもらっている。 小室さんという人間性と私 …

ホンマルラジオ出演

関西出身。株式会社CSK(HP制作会社)やCSKマーケティング(放送・通信業)を経て、30歳過ぎから母親がガン・脳梗塞等で認知症祖母シングル在宅介護6年経験。2019年1月祖母は、認知症進行で精神科病院へ入院後2020年11月療養病院へ転院。緊急対応や週1回面会。2017年頃からフリーライター、メディア評論家、時折テレビの仕事など幅広く活動。日総研認知症ケアやみんなの介護は連載3年目の他デイリースポーツ・ヤフー等多数掲載。2020年、メディア出演や12月 『おばあちゃんは、ぼくが介護します』(株式会社法研)を出版。ツイッター @torata_t Youtube ほんやまで新聞Youtubeチャンネル – YouTube

 

2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031