13日に放送された『音楽の日』(TBS系)でついにジャニーズの歴史的な共演が実現した。

中居正広が司会を務める同番組にV6、KinKi Kids、嵐、NEWS、KAT-TUN、 Hey! Say! JUMP、Sexy Zone、A.B.C-Z、ジャニーズWEST、King & Princeが生出演。
普段、中居と共演する機会がめったにない面々がトークや歌やダンスで番組を盛り上げた。
中居と嵐が共演し下克上コントを展開するシーンがみられるなど、一同が同じ画面に映るのは異例の出来事。

近年では『紅白歌合戦』や『MUSIC STATION SUPER LIVE 』を除いては約5年前の『FNS歌謡祭』「近藤真彦35周年スペシャルメドレー」以来。

その時はSMAP、V6、TOKIO、嵐、関ジャニ、Kis-My-Ft2、Hey! Say! JUMP、KAT-TUN、NEWS、滝沢秀明などが生放送で共演。

それ以来の共演でジャニーが死去後、初めての音楽番組だったからこそ近年稀にみる共演が起きたのかもしれない。

そこで、中居とジャニーズのメンバーが一同に共演したシーンと中居と嵐の共演のシーン、歴史的な共演に絞りツイッターを盛り上げた意外なグループやメンバーを紹介していく。

「ジャニーズ一同共演のツイート数を制したのはKing & Prince

中居、V6、KinKi Kids、嵐、NEWS、KAT-TUN、 Hey! Say! JUMP、Sexy Zone、A.B.C-Z、ジャニーズWEST、King & Princeが一斉にテレビに映ったのは18時15分頃で滝沢秀明のジャニーズJrプロデュース企画がスタートする直前だった。

中居が冒頭「諸事情によりこのステージに来られないメンバー・グループの方もいますが、うちの事務所に所属しているタレントは13組70名が集まりました。非常に恐縮ですが、さすがに触れないわけにもいかないので、特別にこのような時間を作らせていただきました」とあいさつ。

Snow Manのパフォーマンスと、HiHi Jetsによるローラースケートでの「心臓破りの坂」、Snow Man+HiHi Jetsらによる「腹筋太鼓」の15分9秒の演技をジャニーズの面々が見守った。

ジャニーズのメンバーが一同生出演から滝沢の企画までのツイッターでの反応状況を調べると意外な結果が。

ツイート数は下記の通り。(ついラン参照)

https://tr.twipple.jp/talent/2019/0713/1845.html

順位  グループ名  ツイート数    上位つぶやきワード

1位 King&Prince 8040ツイート  ジャニー、見守っていてねなど。

2位 滝沢秀明 4880ツイート     腹筋太鼓、ジャニー、タッキーの演出、感動など

3位 中居正広 4840ツイート    中居くんの顔、太鼓など

4位 Sexy Zone 3240ツイート   ジャニー、リアタイ、風磨くん、歌

5位 King&Prince岸優太 2480ツイート まだサヨナラ言うには全然早すぎるのに見守っていてね長い階段駆け上がって見守っていてねなど。

1位と5位がKing & Princeにアレっ?と思った人もいるでしょう。

滝沢の企画の前にKing&Princeが『シンデレラガール』を披露し平野紫耀が『次に会える約束もそこそこに駆け上がって人波に消える』の歌詞を『次に会える約束もそこそこに駆け上がって長い間駆け上がって見守っていてね』と歌詞を変えて熱唱し話題を呼んだ。

このジャニーに思いをこめた替え歌が強烈に視聴者をひきつけ余韻に引っ張られながら滝沢の企画を視聴していた人が大勢いたということだろう。

滝沢のプロデュース企画よりトップがKing & Princeとは驚いた。

とはいえ、滝沢の企画に関する反響もしっかり2位にランクインされており、上半身裸で腹筋や胸筋をむき出しにしながら「腹筋太鼓」を披露したジャニーズJr達の頑張りには大反響。

また、3位は「腹筋太鼓」をみつめる中居の表情に熱視線が注がれた。

9ぶり実現 中居と嵐の共演で人気があったアノ2人」

中居と嵐がスタジオでトークを展開する場面があった。

中居とともに司会を務める安住紳一郎アナウンサーから「中居さんと嵐の皆さんが並んで話すのは『うたばん』以来ですか?」と質問。

櫻井翔は「ゆっくりお話するのは『うたばん』以来かもしれない」とコメント。松本潤は嵐が初出場した2009年の『NHK紅白歌合戦』を回想。

「リハーサルも中居君が“ちゃんと音合わせチェックしたほうがいいよ。やりづらいところは言ったほうがいいって言ってくださった」と言うと、中居は「いまのくだり最高」と絶賛。

また、2010年まで放送されていた『うたばん』(TBS系)で以来の下刻上コントが実現。

下克上コントとは、司会の中居に嵐の大野智が先輩とは思えない下克上の発言に中居がキレ他のメンバーが仲裁に入るというお決まりのコント。

中居が「嵐が2020年でグループ活動を休止しますが大野くんどう?」と問いかけると、大野は「お前が休め」と発言。

中居は「今の流れおかしい」と激怒し、大野に向かっていくところを他の嵐メンバーが笑顔で割って入った。

中居と嵐と下克上コントのシーン終了直後のツイッター上反応を調べた。(ツイラン調べ)

https://tr.twipple.jp/talent/2019/0713/1900.html

順位  グループ名  ツイート数     上位つぶやきワード

1位  中居正広   12520ツイート   中居くんと嵐、中居くんと大野くん、うたばんなど

2位  King&Prince  8260ツイート  ジャニー、見守っていてね、シンデレラガールなど

3位  滝沢秀明    5980ツイート  ジャニータッキーの手紙腹筋太鼓など

4位  大野智(嵐)  4120ツイート  中居くんと大野くん下克上、お前が休め

5位  Sexy Zone   3340ツイート  リアタイ、もうセクゾデビュー組

1位はダントツで中居関連のツイートが1万2000を超え、4位の大野と合わせると16640ツイート。

『うたばん』以来約9年ぶりの中居と嵐のガッツリした共演より中居と大野の下克上コントに大反響が寄せられた。

また、King&Princeや滝沢はこの時間でも2位、3位にランクインし反響の高さがうかがえる。

「まとめ」

ジャニーズの歴史的な共演をツイッター上の反響と共に振り返ると、中居と大野の下克上コント、滝沢のプロデュース力、 King&Princeの平野がジャニーへこめ歌詞を替えて熱唱したシーンの3シーンが特に反響が高かった。

ジャニーズで現在エースの中居と嵐、今後のエース候補King&Prince、裏方に回った滝沢と見事に人気が分散している。ジャニーもきっと天から「Youたち、いいものみれてうれしかったよ」と微笑んでいるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Name
Email
Website