ライター奥村シンゴの介護、メディア、社会を語る

祖母介護7年目、元放送局通信メディアコールセンター出身の奥村が介護、メディア、社会問題中心に独自取材、考察。

その他(取材等)

USJ、梅田、ミナミから至近距離、大阪の新グルメトレンドスポットを直撃取材!

投稿日:

大阪市の「JR福島駅高架下にUSJ、梅田、ミナミなどからすぐのグルメストリートができた」というので早速行ってきました。

その名も5月15日にオープン、商業施設と飲食店が並ぶ「ふくまる通り57」。

20代~40代ぐらいの女性同士、カップル、家族連れを中心に賑わいをみせていました。

福島に元々あった人気の焼き鳥店、ワインバル、鉄板焼、居酒屋などのお店が15店、反対側にスーパーマーケットと飲食ブースからなる「阪急オアシスふくまる通り57店」と「ホテル阪神アネックス」が並んでいます。

「阪神タイガース、矢野監督の常連店も」

まずA5ランクのみ特選黒毛和牛の希少部位を扱い塩で焼肉を食すことにこだわった「我流総本家」に行きました。

ところが、店内は若い女性やカップルを中心に超満員。

店長に「満員ですね」と聞くと、「おかげさまでオープン以降連日満員です。今日は90分待ちをちょうだいしております」と嬉しそうな表情で話してくれました。

また、阪神タイガースの矢野監督からお花が届いていたので、「矢野監督も来店されるのですか?」と聞いてみました。

すると店長さんは「はい、矢野さんは常連様で時々来店していただいております」と明かしてくれました。

阪神矢野監督から開店祝いの花が

ちなみに人気メニューはA5ランクの「シャトーブリアン」(2500円)、一頭の牛から300gしかとれない希少部位「極ハラミ芯」(1980円~2200円)などが人気。

来店の際はあらかじめ予約をしておいたほうが無難で、もしかすると矢野監督に会えるかも?

「希少部位鉄板焼イチボとは」

続いて塊肉をはじめ国産和牛を使用したステーキやハンバーグで人気の「LOVE&29」へ潜入してみました。

LOVE&29

店内は1階と2階があります。

メニューは3種類のコースか単品でも注文が可能。

「2時間飲み放題付飲み食べ放題ライトコース」3500円

特製手ごねハンバーグや大判ローストビーフなどを含む全45品を含む

「飲み食べ放題ラフビコース」4000円

希少部位鉄板焼イチボや希少部位黒毛和牛ステーキなどを含む全55品を含む「飲み食べ放題プレミアムコース」4500円。

筆者は「希少部位鉄板焼イチボ」を注文。

イチボとは牛のお尻の先っぽ部分の肉で一頭からわずかな量しかとれず希少部位と言われています。

希少部位鉄板焼イチボ

イチボといえば独特な味がありますが、食べてみるとクセを感じることがなく肉らしく濃厚でジューシーな味で食べやすく美味しかったです。

30代~40代ぐらいの若い男性店長で会計時筆者たちに「お味はいかがでしたか?」と自ら聞いてきました。

店長自らが味の感想を求めてくることは珍しく、「新たな地で絶対成功してやる」と強い向上心が人気の秘訣の一つではないかと感じました。

続きは政治家・芸能人・評論家など執筆の著名webメディア「アゴラ」さんに書いています。http://agora-web.jp/archives/2039379.html のでご覧下さい。

-その他(取材等)

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

観戦証明書

球団史上初前年最下位からAクラスCS進出、矢野采配を阪神ファン27年目が考察

奇跡だ、奇跡が起きた。 阪神が30日、中日に3-0で勝利し連勝を6に伸ばし最終試合で広島を抜き3位に浮上し、2年ぶりのCS(クライマックスシリーズ)進出を決めた。 タイガースの監督就任初年度でチームを …

終戦記念日に伝えたい認知症祖母の戦争の記憶の恐怖、カーテンを閉めての意味とは?

私は昨年11月末まで一人暮らしをしていた数年間を除き、祖母と同居していた。一人暮らしからほぼ同居するきっかけになったのが母親が脳梗塞で倒れ、祖母が直前に認知症を患い誰かが介護をする必要があった。祖母は …

27時間テレビ 2019年予定通り放送へ ジャニーズ、お笑い、東京五輪、クイズ?徹底分析

最近、複数人から「奥村さん、今年の27時間テレビはあるの?ないの?知りたい」とリクエストをいただいたので、書ける範囲でブログに書きたいと思います。 私は時折テレビの仕事を手伝っている人間で、過去に27 …

映画長いお別れ、認知症在宅介護6年の経験者が介護で参考になる3シーンを紹介

「湯を沸かすほど熱い愛」で日本アカデミー賞など数々の賞を受賞した中野量太監督の最新作「長いお別れ」を鑑賞してきました。 直木賞作家の中島京子さんの小説「長いお別れ」の原作で中島さん自身が体験した認知症 …

no image

在宅の介護予防が困難な理由と適切な予防方法とは?介護経験者が語る

私は昨年11月末まで、認知症の祖母の在宅介護を6年間していました。 その当時、祖母が通っていたデイサービスや自治体から、このような趣旨の案内チラシを渡されていました。 「〇〇先生がオススメの介護予防体 …

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031