ほんまやで~新聞 サイト開設趣旨

2020年1月7日

こんばんは、「ほんまやで~新聞」編集長の奥村シンゴです。 

現在、フリーライターやメディア評論家などで 介護専門誌の日総研認知症ケアや週刊女性などの週刊誌、ヤフーニュース、オトナンサー、扶桑社bizSPAフレッシュ、アゴラ、BLOGOS、みんなの介護などのウェブメディアで執筆中です。

参照 https://toratachan.site/profile-okumura/ 

また、30歳過ぎから認知症祖母介護7年目(在宅介護6年、2019年1月中旬から精神科病院入院1年目)を経験しています。

突然ですが、オピニオンサイトとYoutube(https://www.youtube.com/channel/UC2CxorUeUx76QsTSvxheFXQ?view_as=subscriber)の本格連動をスタートさせます。 

オピニオンサイトとは、世間の話題に対する考察や主張を中心としたサイトのことです。 

代表的なオピニオンサイトでは、アゴラ(時々寄稿)、iROONA、BLOGOS(時々寄稿)、などがあります。 

オピニオンサイトの開設経緯は、関西弁で「このままやと言論がやばい」と率直に感じているからです。 

と申しますのも、現在のテレビ、新聞、雑誌、ウェブに至るまであらゆるメディアがありますが、会社である以上、言論に制限やタブーネタがある媒体が多いです。 

私もライターやメディア評論家などで複数の媒体に執筆していますが、何度か「社会に大事な部分や思うんですが」、「本当の事を伝えたい」と会社側に訴えても、実現に至らない経緯がありました。 

私以外の書き手も言論の不自由に悩み苦しんでいる人も少なくありません。 

そこで、「言論空間を活性化させたい」「真実を追求し少しでも社会の役に立ちたい」という思いが強くなりました。 

サイト名は数日間考え続けた結果、「ほんまやで~新聞」にしました。 

「ほんまやで~」とは関西弁で標準語に直すと「本当の事ですよ」という意味です。 

私は30数年間、生まれも育ちも関西でどうしても関西弁を入れたかったのと、関西弁はほんわかと和む独特の良さがあるので採用しました。 

「ほんまやで~」新聞では、介護、テレビ、メディア、社会問題に至るまで関心が高い分野をピックアップし、独自取材、考察を書きます。

マスコミが触れないタブーネタも問題提起していきます。

当面、編集長1人で執筆しますが、徐々に執筆陣を増やす予定です。

もし、このサイトで書いてみたいという方お気軽に私編集長までご連絡(shingo37.01@gmail.com)いただけば幸いです。            

Youtubeチャンネルは当面、記事の内容に合わせたものと私のトークチャンネルでスタートしますが、近い将来は生配信やゲストを呼びたいと思います。 

 何卒よろしくお願い致します。 

 ほんまやで~新聞編集長 奥村シンゴ 連絡先 shingo37.01@gmail.com