中居正広と香取慎吾の仲良し関係に介護者が凄いと思ったワケ

2019年になりわずか3ヶ月あまりで中居正広と香取慎吾が変わらない仲の良さを感じさせ、ファンが大歓喜するシーンが相次いだ。

私も『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)『27時間テレビ』(フジテレビ系)『めちゃイケ』(フジテレビ系)時代から2人を応援する一人として今年に入りたまらない瞬間に興奮の連続。

そして、2人の関係をみて祖母の在宅介護を6年間経験した介護経験者として(https://kaigo.news-postseven.com/11970)凄いと思うワケがあったのだ。

「香取の話をしてくれてありがとうと中居が語りかけるように」

昨日、3月10日に『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)の放送内で中居正広がサプライズゲストで登場。

当番組に朝の人気情報番組『スッキリ』でMCを務める極楽とんぼの加藤浩次、ハリセンボンの近藤春菜、日本テレビアナウンサーの水ト麻美がゲスト出演。

そして、中居は『スッキリ』でおなじみ天の声の声で登場。

中居は加藤に元巨人の松井秀樹や斉藤雅樹のモノマネクイズを出題したり、春名に「ヤクルトの春名さんお願いします」とネタをふった。

春名が「古田じゃねえよ、先名前出すとややこしくなっちゃう」とつっこまれ、スタジオは爆笑。

MCの後藤が「そっちの方でしゃべってんすよ、誰や」と中居がいる方向へ向かった。

後藤は「あっ」と大声で驚いた後、「こっち来てください」と中居を半ば強引にスタジオへ。

スタジオは中居のサプライズ登場に大歓声に包まれた。

中居は「慎吾ちゃんのくだりよかったよ」と加藤を絶賛し、「加藤さんありがとう」というような仕草で肩をポンポンポンとたたいた。

加藤は中居が登場する直前に香取と以前『人にやさしく』(フジテレビ系)でド共演し、香取には移動車があり、加藤には移動車がなくマネージャーが軽自動車を借りてきたエピソードを披露。

そのエピソードをスタジオ内で聞いていた中居自らが香取に発した言葉にファンは大歓喜。

《もうこのシーンだけで白米100杯食べれます》、《香取くんのことこんなニコニコしながら話す中居くん泣いちゃう》、《加藤さんが慎吾くんの話をしてくれたおかげで中居くんから言葉が出た》など続々と声が寄せられた。

また、今年1月には『ナカイの窓』(日本テレビ系)で香取が宣伝するファミリーマートの焼き鳥を中居が「ファミマの焼き鳥ハンパなくうめーぜ」と大絶賛しツイッターのトレンドに「ファミマ焼き鳥」が入ったばかりだ。

「香取は先月中居のモノマネをみてはじけた笑顔をみせていた」

先月香取も中居のあるシーンをみて爆笑していた。

2月初旬にAmebaTVで好評配信中、香取の他稲垣吾郎、草なぎ剛が出演中、新しい地図3人の『ななにー』の配信内でモノマネ企画での出来事。

その企画内で中居のモノマネをするモリタクが登場し、香取は子供のような笑顔でみつめていたシーンが話題となったばかり。

さらに、一部週刊誌の情報によると、新しい地図の3人のメンバーが2月19日、沖縄の国際通りで水色アロハを着た稲垣、オレンジアロハを着た香取、黄色のシャツを着た草なぎの目撃情報が。

そして、20日に中居が沖縄にロケで現れたという。

2月20日は元SMAPのマネージャーで現在新しい地図3人をマネージメントする飯島三智(みっちー)の誕生日を祝うために極秘合流したのではと噂されている。

「中居と香取の関係性から介護者として教わったこと」

このように中居と香取の関係性をみていると介護者からみれば教えられたことがある人もいたのではないだろうか。

在宅介護をある程度経験した人ならわかると思うが、いざ介護するとなると「誰が面倒みるのか」、「お金はどうするのか」などもめることが少なくない。

厚生労働省が平成28年に「国民生活基礎調査の概要」で同居の主な介護者の悩みやストレスの状況を調査した。

順位  内容      男性%   女性%

1位 家族の病気や介護  73.8%  76.8%

2位 自分の病気や介護  33.0%  27.1%

3位 収入・家計・借金等 23.9%  18.7%

4位 家族との人間関係  12.1%  22.4%

5位 自由にできる時間無 14.9%  20.8%

引用元 平成28年 国民生活基礎調査の概要

それによると、「家族の病気や介護」、「収入・家計・借金等」、「家族との人間関係」が上位にランクインし、「家族」や「お金」でストレスを抱えている人が多いことがわかる。

実際、私の家族も祖母の事でもめてつかみ合いのケンカになったこともあった。

私が長男で次男、次女と3人兄弟で、下の2人は結婚し子供がいた。

祖母の娘(私からみて母親)は脳梗塞や大腸ガンで無理ができる体ではない。

なぜもめるかといえば、家族でさえも介護する人への「心の距離感」や「愛情」の違いがリアルに出てくるからだ。

参照(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181228-00000107-dal-life)

兄弟の中で祖母は私を一番かわいがってくれた。

旅行に連れて行ってもらったり、外食させてくれたり、服を買ってくれたり。

誰よりも手をかけてくれたことに下の2人はいい思いはしなくて、「家に帰るのがしんどい時があった」と今でも吐露するぐらいだ。

祖母の実の娘である母親は元々馬が合わず、よく些細な事でケンカしていた。

「ばあちゃんのことでこれ以上もめるんやろうや、みんな世話になったんやから。自分らには頼まへん、俺がみる」と私が6年間みた。

これらをみると、介護とグループ解散という違いはあれど、2人は危機に直面したことに変わりない。

昔から元々仲がいいので有名ではあるが、グループ全体の危機を乗り越え、2人の関係性は続いているのだろう。

危機に直面した時、直面した後の人間関係が本物の姿だと思う。

だとすれば、2人は危機をのりこえさらに関係性が深まったのだろう。

そんな2人の関係性を凄い、うらやましいと思った私のような介護経験者もいただろう。

今年の中居と香取の間接的なやり取りをみていると、何か新しいことが動き出すのではないかと期待してしまう。

SMAPやファンにとって激動だった平成が終わり、まもなく新元号を迎えるが、今後の2人の動きに目が離せない。

 

 

  • 奥村シンゴ
  • 大阪生まれ、阪急沿線出身。
    3人兄弟の長男、下の弟と妹は2卵生の双子。
    主にテレビ局・CATV・携帯/固定電話・ITなど請負東証一部コールセンターで営業や顧客対応を約10年ほど経験。
    30代前半から孫介護7年目、親以外の介護を経験した同年代や若い人たち向けの伝え手がおらず、少しでも役に立てばと思いライターやコラムニストとして活動をスタート。

    現在、デイリースポーツ、小学館(マネーポストWEB・介護ポストセブン)、みんなの介護、オリコンなどに寄稿中。

    2018年は100記事超掲載、介護ポストセブン徘徊記事約8ヶ月トップ10ランクイン中、

    他テレビ、メディア、社会問題まで1ヶ月50万PV、ヤフトピ3位、4位などを記録。

    趣味
    ○地上波からネット配信まで週20時間超チェック。

    特に好きなレギュラー番組は虎の門ニュース、報道特注、文化人放送局、サンテレビボックス席、ABCプロ野球中継、フジテレビ批評、CSプロ野球ニュース、岡村隆史ANN。

    ○阪神タイガース戦観戦、過去300試合超観戦経験(現在は仕事と介護で月1回程度現場観戦、主にテレビ視聴)

    亀山・新庄フィーバー(1992年)とサンテレビボックス席がきっかけで阪神ファンになり今年で26年目。

    介護をするまでは1年20試合近く、20年程で300試合超観戦。

    思い出の試合は2003年、2005年両方阪神タイガース優勝と2014年の日本シリーズを遠距離の相方と甲子園で観戦できたこと。

    ○情報収集 

    ネットや本からの情報収集はもちろん、色々な・街・食・イベント・流行りのスポットに足を運ぶ。

    最近では姫路城、豊洲市場、築地、甲子園、ミッドタウン日比谷、リニューアル後の伊丹空港、オープン直後の阪神百貨店、日テレ・テレ朝・TBS・フジ夏イベント、万引き家族・コードブルー劇場版・カメラを止めるな鑑賞など。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。