ヤングケアラー支援は18歳以上も含めた重点的サポートが必要な理由みんなの介護掲載 

ケアラー関連

こんにちは、介護作家・若者・就職氷河期支援、メディア評論家の奥村シンゴと申します。

最近、家族の世話や介護を担う18歳未満の子ども「ヤングケアラー」の支援や課題についてクローズアップされることが増えています。テレビや新聞などの多くのメディアが取り上げるようになりました。

私は、ケアラーの支援活動・講演・取材を行っているため、実際にヤングケアラーと話す機会があります。あるヤングケアラーは、「高校生から母親を1人で介護しています。でも、学校ではみんなと変わらず元気に過ごしています。なので、先生も気がついていません。親しい友達だけに自分が介護者だと伝えて、『あまり日常でお金を遣えないから、ごめんね』と断ったうえで遊んでいます」と打ち明けてくれました。このような話を聞くと、家族のケアをしている子どもの支援は急務だと実感します。

他方、18歳以上から30代くらいを指す「若者ケアラー」や、40代以上も含めた「ケアラー」全体へのサポートが不十分なのも事実。かといって、マンパワーや予算が限られた中で、全員をサポートするのは非現実的です。そこで私は、ヤングケアラーからケアラーまで全世代型の重点的な支援が必要だと考えています。

詳しくは、近著『おばあちゃんは、ぼくが介護します。』(株式会社法研、ジュンク堂1位、読売新聞・朝日新聞・共同通信・現代ビジネスなど多数紹介)をお読みいただければと思いますが、一部を抜粋してご紹介します。

おばあちゃんは、ぼくが介護します。ジュンク堂書店平積み
スポンサーリンク

ヤングケアラーと若者ケアラーの共通課題

国の実態調査では、「ヤングケアラー」は中学生で17人に1人、高校生で24人に1人存在することがわかりました。これは国内の中学生321万1,000人のうち18万2,970人、高校生309万2,064人のうち12万6,774人がヤングケアラーだということになります。

厚労省の調査結果から、ヤングケアラーは「勉強時間と睡眠が取れない」という悩みを抱えていることがわかっています。こうした悩みに対して考えられる支援は、「ショートステイサービスの割引や補助」「介護保険外の夜間から早朝レスパイトサービス拡充」「教員や塾講師による補講授業」などです。

次に、「若者ケアラー」と「ケアラー」への支援も考えてみましょう。総務省の調査では、「若者ケアラー」は、15歳以上から30歳未満で約33万人、30代で約33万人いると推計されています。さらに上の世代となる「ケアラー」は、40歳から49歳で89万5,000人、50から59歳で188万人、60~69歳で97万8,000人と万遍なく存在します。

こうした「ケアラー」の悩みやストレスの原因をみると、男性は「自分の病気・介護」33%、「収入・家計・借金など」23.9%、「自分の仕事」18.9%などが挙がっています。上位を占めているのは、ほとんどがお金と仕事に関するものでした。対して女性は「自分の病気や介護」27.1%、「家族との人間関係」22.4%、「自由にできる時間がない」20.8%と、家族関係と余暇に関する悩みが上位を占めています。

こうして「ヤングケアラー」とそれ以外の「ケアラー」の悩みは、「勉強」か「仕事」かという点で違いがある一方、「余暇時間が取れない」「人間関係」といった点で共通する部分もあります。

年齢に違いはあっても悩みの共通点は多い

続きは、https://www.minnanokaigo.com/news/kaigo-text/home-care/no238/ をご覧下さいませ。

Youtube 配信本格スタート。介護のリアルな話、裏ワザ、解決法をアドバイス。登録是非。

ヤングケアラー偏重の支援に疑問、若者孫ケアラー作家と一緒に話しませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました